fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


年賀状もとりあえず出来上がりました。
見返すとチョットヤバそうなミスもありますが、そこはごご愛嬌。
「しらばっくれる」事にしましょう(笑)。
以前投稿したように、年賀状の制作は現在専用マシンと化しているNEC PC-9821Xa7eを使用します。
その関係で、キーボードとマウスがメインマシンとこんがらがって、大変なのですよ。
今投稿しているキーボードはIBMの日本語ボードですからエスケープキーの下に半角/前角キーがありまして、このキーで日本語入力に切り替えるわけですが、慣れとは恐ろしいもので98ボードの場合、このキーがエスケープキーの位置なんです。
そのため、通常IBMボードを使用している関係で、98ボードのエスケープキーを押して日本語に切り替えようとすると、エスケープキーが作動し、アプリケーションや画像がキャンセルされてしまうのです。

キーボードを比べます
クリックすると大きな画像で御覧いただけます。
画像を掲載しますので、エスケープキーと全角/半角キーの位置を御覧ください。
IBMボードのエスケープキーの位置が98ボードの場合ストップキーになります。
キャプスロック、左シフト、コントロール等が微妙に位置が違います。
尚、この98ボードはWINDOWS95登場以前の古いものなので。当然WINDOWSキーはありませんよ。
今夜のBGMは、メンデルスゾーンの全集の中から、弦楽五重奏曲一番と二番を聴いています。

メンデルスゾーン作曲弦楽五重奏曲集

・弦楽五重奏曲第1番 イ長調 Op.18
・弦楽五重奏曲第2番 変ロ長調 Op.87
 ラルキブデッリ(ピリオド楽器使用)
 ヴェラ・ベス(ヴァイオリン)
 ルシー・ファン・ダール(ヴァイオリン)
 ユルゲン・クスマウル(ヴィオラ)
 フース・ジューケンドゥルップ(ヴィオラ)
 アンナー・ビルスマ(チェロ)
 録音:1999年2月オランダ(デジタル録音)
尚、この画像はオリジナルジャケットのデザインをお借りしています。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog