fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


好きな弦楽四重奏曲の場合、旋律は大体第一バイオリンが美味しい処を持ってっちまう。
チェロは低弦を担当するので結構頑張ってる。
第二バイオリンもまあまあかな?。
ビオラ奏者の方は、どうしても縁の下の力持ち。
でも、チョット野太くて、それでいて何となく優しい音色。
そんなヴィオラの音色好きですよ。
ヒンデミットさんなんて、『白鳥を焼く男』なんて素晴らしいいヴィオラ協奏曲作っちまったしね。
彼の無伴奏ビオラソナタ!もう耳が点にになる???様な凄い曲。
一度聴いたら忘れないよなぁ。 凄く難しいんだろうなぁ。

Peter Schidlof独奏によるウォルトンのヴィオラ協奏曲

ヒンデミットさんの曲を聴く元気が無いので、今夜のBGMは、ウォルトン作曲のヴィオラ協奏曲。
演奏はコリン・ディービス指揮BBC交響楽団、ペーター・シドフのヴィオラ独奏。
ペーター・シドフさんはアマデウスSQのヴィオラ奏者だそうです。
ライブ録音らしいのですが、それでも滅茶苦茶叙情的なヴィオラの音色。
おまけは、同じくウォルトンのバイオリン協奏曲、エドワード・ダウンズ指揮ロンドン饗こちらのバイオリン独奏はアイオナ・ブラウン(アカデミーノ主席バイオリン奏者)です。
今夜は、原発も放射能も省電力や省エネも忘れ、ヴィオラの音色で心を癒したい(笑)。
こんな御託を並べてると、何処からかきっと、お叱りのお言葉を賜ったりするかもしれませんね。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog