fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今日は記念日

今夜の なうディスクは、ベートーベン作曲弦楽四重奏曲第15番イ短調作品132、ブダペスト弦楽四重奏団1961年11月27日ニューヨーク出の録音されたレコード。

なうディスクは、ベートーベンSQ15番
クリックすると大きな画像で御覧いただけます。
この曲の第三楽章『リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌』と題された、この曲で一番長い楽章。
又、曲全体がとてもおおらかで伸びやか、体調を崩していたベートベンが元気になったことを感謝する。
そんな解釈ができるかもしれません。
『今日は記念日』が今日のブログタイトルですが、これは7年前の今日2005年1月13日、年明けに左胸を強打した頃から次第に胸が苦しくなり、息切れや体の浮腫が目立つようになっても仕事を続けていました。
しかし夜も横になる事が出来ないため座ったまま眠る状態が続き、当日苦しさも頂点に達したため、掛かり付けの医院を受診した処、心臓が大きくなった上肺水腫を起こしているので急遽大きな病院での診療を勧められ、甲府市の某総合病院へ紹介されました。
診断は『心不全』でしたが、その原因として拡張型心筋症の疑いが有るとの事。
すぐさま、同病院のCCUに収容され、心不全の治療が行われたそうです。
心不全と云う病、兎に角横になってもどうしても苦しいのですよ。
たぶん、心不全になり本当に死ぬ時はこの何倍も苦しいと思うと勘弁して欲しいと思います。
二度と心不全は御免ですよ。
マスコミ曰く、重い心臓病の拡張型心筋症の治療として用いられるのが『心臓移植』って事ぐらい知ってましたから、それが直ぐに頭に浮かぶわけ。
主治医による治療法は、年齢定期に外科的治療は無理なので、内科的治療を行う事になりました。
この病気の特効薬として『アーチスト』というアルファーベーター遮断薬が用いられます。
この医薬品は従来狭心症の治療薬でしたが、拡張型心筋症患者の心臓の負担軽減目的で用いられております。
拡張した心筋を元に戻す効果も期待できる、と言うわけで利尿剤と共に使われます。
ポンプ作用が衰えた心臓に血栓ができ、それが脳の毛細血管に詰まる事が予想されるため、抗不整脈剤と抗血液凝固剤のワーファリンも使われました。
治ることがない病気だそうですが、仕事にも復帰し7年経過した今もなんとかこれら医薬品のお陰で今日まで生き延びております。
朝13錠の薬を一気に煽り込むのは相当熟練を要します(笑)。
喉に引っかかったりすると、そこで溶解し悲惨な事になり一日喉の苦しさに悶える事になるからです。
なお7年を経た今も従来同様に塩分制限、水分制限、並びにアルコール類の飲用禁止が申し渡されています。
来年もこのベートーベンの15番を聴くことができるように頑張ります。


スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog