fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月別アーカイブ


はるりん さんから未聴盤の山が高くなることについてコメントを戴きました。
少しでも其れを減らさねばならぬのは重々承知しているのですが、ついついポチっちゃうのが悪い癖。
ウイーンアルバン・ベルクのベートーベンSQ全集が1,850円ですよ。
大好きなベートーベンのSQですもの、この値段でポチらにゃ何を聴く???ってわけ。
先日ポチったジュリアードのハイドン・セットを聴くべきかと思いましたが、やっぱりベートーベンが良いや!。
と、レコードボックスから引っ張り出したのは12番作品127と16番作品135が収録されている、ブダペストSQのレコードです。
ブダペストの12番と16番
クリックすると大きな画像でご覧頂けます。
後期の弦楽四重奏曲の中、私的にはどうしても15番が一番好き、そして14番、13番になり、12番は後回しって事になっちまうのですが、第一楽章冒頭だけは大好きなんですよ。
勿論、聴きどころは沢山有るのですが・・・・・(笑)。
そうそう、第三楽章も第四楽章も凄く良いよねぇ。
ついでに16番も各弦楽器の絡みがなんとも言えん。
結局全部好きだったって言えばいいのに、カッコ付け過ぎと陰の声。
この12番は1961年の録音、そしてカップリングされた16番は1960年の録音との事。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog