fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


今日は姪の結婚式!、環境関係のイベント出席要請がありましたが丁重にお断りして、身内の人生最大のイベント参加です。
嫁の一つ上の兄の二女の結婚式で、会場は甲府郊外の結婚式場で行われました。
南欧風なイメージを売りにしている会場ですが、白壁のチャペルが乙女心をくすぐるのでしょう。
結婚式場のチャペル
クリックして頂くと大きな画像で御覧いただけます。
この画像は、式が始まる前に撮影しましたが、式の最中にもシャッター音が多く、昔は式の間の写真撮影は遠慮したものですし、そのような諸注意もありましたが、今は何も言われませんでした。
カンタータ第147番《心と口と行いと生きざまもて》の有名なコラール「主よ、人の望みの喜びよ」が前奏曲としてエレクトーンで演奏されたら目頭が熱くなっちゃって、もう、うるうる。
ワーグナーが流れ新郎新婦入場、そしてもう賛美歌312番『いつくしみ深き』になっちゃったら、涙の大洪水が止まらない。
宗教心なんて欠片も無い名前だけの仏教徒ですが、特にこんなシチュエーションの音楽だと、感激しちゃって駄目なんです。
結婚式を待つ間に頂いた珈琲は、贅沢にもブルマンブレンドだったように思います。
この辺り、ケチらないのは良いことですが、皆さん大量のミルクとお砂糖を入れて飲まれていました。
勿体無い事ですが、普通の皆さんには分からないようですね。
嫁も珈琲が取り持つ縁で私と結婚したくらいですから、勿論夫婦揃ってブラックです(笑)。
洋食のコース料理でしたが、それなりに美味しくボリュームもたっぷり。
特にパンが美味しくて少し食べ過ぎの感アリ。
締めの珈琲もデミタスカップに濃い目のブラジル???で美味しかったですよ。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog