fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


朝から藪漕ぎ

山梨県下一円今朝の最低気温は氷点下、寒かったですね。
尤も昨夜よく晴れて風もなかったから金星・月・木星と並んだ素晴らしい星空も見えましたし、お陰で放射冷却現象による明け方の低温ですよ。
それでも僅かの期待に胸踊らせて、いざ一路勤務先に向かいます(笑)。
信号待ちが少なくて、我がAZオフロードは、快適に時速40キロの巡航速度。
始業時間まで、40分ありますから予定通り、『秘密の花園』と名付けた勤務先の隣にある藪の中を探検します。
例年なら、大好きなアズマイチゲが見られるはず?。
朝の霜
クリックして頂くと大きな画像で御覧いただけます(以下同様)。
日陰には、まだ霜が降りたままの草の葉が残り、寒さが見に染みます。
薮や不整地の急斜面でも、足元はウルヴァリンのチロリアンシューズ(普段履き)ですから、ビブラムソールが良く効きます。
車は薮の下に停め、目的地を求め短時間の藪漕ぎです。
アズマイチゲが咲いているであろう付近は、薮が濃く自生地を踏み荒らす危険もあり、無理は禁物。
陽が当たらない状況だと花が開かず、状況は確認不能です。
もう少し辛抱してね
昨年確認できなかったカタクリが斑入りの葉と共に、花芽を付けています。
この調子だと、四月上旬には花弁を反り返す独特な、カタクリの花を愛でることができそうです。
アズマイチゲも、同じ頃に確認できる筈、それまで暫しお楽しみ。
南ア主峰遠望
奥秩父主峰遠望
南アルプスの主峰群、そして奥秩父主峰も雪を被ってまだ当分の間冬の装い。
でも此処は北向斜面の小さな谷戸、ここでスプリングエフェメラル達が、もうすぐ目を覚まします。
名残惜しいけど、さあ、今日も頑張ってお仕事しなくちゃね。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog