fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ


4月はグルダ

サンリン最後のカレンダーも4月になりました。
もう一年の四分の一が経過したことになります。
そう、もう25%ですよ。
さて、このカレンダー、4月の顔は、フリードリッヒ・グルダ。
四月はグルダ
クリックして頂くと大きな画像で御覧いただけます。
3月はバーンスタインでしたから、今年のグラムフォンカレンダーは、亡くなった方が中心なのでしょうか。
でも、グルダのピアノ演奏が好きなので良しとしましょう。
今夜聴いているレコードは、バッハのイタリア協奏曲ヘ長調BWV971、モーツアルトのK.545他が納められた一枚。
勿論演奏はフリードリッヒ・グルダのピアノです。
グルダのピアノ曲
その他、ベートーベンのピアノ・ソナタ全集、モーツアルトの20番と21番が収録されたクラウディオ・アバドのレコード等があります。
世間では、結構好き嫌いがはっきりしているピアニストのフリードリッヒ・グルダですが、私は大好き。
特にこのレコードのモーツアルトなんか、装飾音を沢山取り入れて、凄く楽しそうですよ。
多くの装飾音を散らし、いろんな変奏を聴かせてくれます。
きっと、この辺りの演奏が好き嫌いの分かれ目なんだと思います。
ベートーベンにしてもモーツアルトにしても、自分達が考えた、きっと楽しいアレンジをしながら演奏していたんじゃないかな。

春の芽吹き

午後から風が強くなりましたが一週間ぶりに、いつもの谷間を散策しました。
風が強いので木々の梢は、谷を渡る風に戦いでいますが、地表近くは風がありません。
シュンランの花も花茎を伸ばし、沢山咲いています。
シュンランも花茎を伸ばして
クリックして頂くと大きな画像で御覧いただけます。
枯れ草の中の潅木も、小さな緑色の芽が顔を覗かせています。
水辺に近い処には蕗が花を咲かせています。
フキの花
相変わらず木々のそよぐ音は激しいのですが、春は確実にやって来ました。
見晴らしの良い、休耕田を利用した菜の花畑も黄色に染まり始め、ホトケノザの花とコントラストが綺麗です。
春の富士
菜の花畑の向には甲府盆地が広がり、遥か彼方御坂山塊の上に雪を頂いた富士山が見えます。

Powered by FC2 Blog