fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


今日は仕事を休み、特定疾患受給者証更新手続きのための臨床個人調査票作成に関する検査を受けました。
私達のような国が指定する特定疾患患者(難病患者)は、その治療法確立のために研究用として治療を受ける事に関し、医療費の全額あるいは、医療補助を受ける事ができます。
そのために毎年、上記特定疾患医療受給者証を更新します。
そのための診断書として、この臨床個人調査票を医師に作成を依頼します。
一応診断書の範疇なので、文書料がかかる上、その検査内容によって保険適応じゃない項目が含まれています。
したがって、私の場合通院の場合の自己負担分が最高額の5,770円を遥かに超過してしまうと云う不自然なもの。
チョット引っかかるものがありますが、この手続きを怠ると入院したような場合など、一月11,550円で済むものを、通常の医療費が請求され、健康保険高額医療制度による給付金があるものの大変なことになります。
検査内容は、心電図、心臓X線撮影、心臓エコー、血液検査でした。
血液検査の結果は未だ不明ですが、心胸比は正常範囲、駆使率は少し低いそうですが概ね大丈夫と云った処でしょうか。
次回6月23日の定期通院の際までにはこの診断書が書き上がっているはず。
提出日の6月29日(金)も仕事を休んで、申請手続きに出掛けます。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog