fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


九州から東海地方までが梅雨入りしたそうです。
沖縄奄美地方の梅雨入りは、とても早かった今年ですが、九州以降大体例年並みになったようです。
昨年はとても早い梅雨入りでしたから、今年も早いかなと思っておりました処、例年並みだそうです。
明日も雨模様の一日でしょうから、我が甲信地方の梅雨入りも間近だと思います。
今日の天気図
クリックして頂くと大きな画像で御覧いただけます。
梅雨と云うとやはり雨の事。
雨は、このところ一日置きに掲載しているように本邦最大の資源である『水』の源なんですよね。
雨が降らないと、この大切な資源を有効に使うことができません。
水をたくさん使う稲作でも、特に今田植えが終わり水の管理が一番重要な頃。
当地など、水が少ない台地なので稲作に使う水をとても大事にしてきました。
農業用水を貯める溜池が点在し、これらから供給される水によって稲作が行われるわけです。
さて、雨に話を戻すと当地甲府盆地に降る雨はとても少なく、年間1000ミリ程度です。
全国平均だと大体1,800ミリ程度の降水量なので、その半分程の降水量と云ったわけ。
水の確保が難しかった頃、水をあまり必要としない、養蚕が盛んに行われ、桑の栽培が盛んでした。
この桑園が養蚕の衰退とともに果樹園へと変わってゆき、果樹王国山梨が出来上がりました。
山梨県の降水量
上の図をご覧頂くと判りますが、甲府盆地では前述のように年間約1,000ミリ程度の降水量です。
晩秋から早春まで殆んど雨が降らないのが我が甲府盆地。
雨は、梅雨の季節そして秋の台風シーズンに集中します。
大泉アメダスの雨量データ2007年
この表は、甲府盆地北部の大泉のアメダスの雨量データ2007年のもの。
やはり降水量は、梅雨の6月7月、そして台風シーズンの9月10月に集中しています。
一度に多くの雨が降ると洪水の危険もあります。
しかし、田圃や森林地帯が振った雨水を一度に流さず、貯めているのでそれ程大きな災害も起こりません。
雨水をためずに一気に下流に流すと、下流域の都市部では大洪水になりかねません。
少しでも貴重な水源である雨水を有効活用するため、昨今雨水利用の機運が進んでいます。
やまなし環境カウンセラー協会の出展
これは昨年、私達やまなし環境カウンセラー協会が行った雨水利用タンク頒布会の様子。
家屋の屋根に降った雨水を簡単な装置で200リットルのタンクに貯め、庭の散水に利用しようといった試み。
もしもライフラインが寸断された非常事態に於いては、この200リットルの雨水が、煮沸して飲料水、生活用水、手洗いの流し水に利用できるのです。
又、雨水を一度に流さないようにすると、それだけでも下流域での洪水緩和に役立つはず。
昨今都市型洪水の危険性が叫ばれていますが、地表をコンクリートやアスファルトで固め、雨水が浸透する事ができません。
そのため、地下街や低地が浸水してしまいます。
水を資源として捉えるか、厄介者として捉えるか、その選択が重要視されます。

スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog