fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


今夜はルービンシュタインのショパンボックスセットから7枚目のCDを抜き出し、ピアノソナタ第三番。
3つあるショパンのソナタの内一番好きな曲。
ルービンシュタイン、ショパンのボックスセット
知名度から言ったら葬送行進曲付きの2番の方が有名かもしれませんが、やっぱり3番のほうがねぇ。
1844年作曲、ピアノソナタ第3番ロ短調Op.58。
通常のピアノソナタの3楽章より一つ多い4楽章形式。
そして、その第4楽章の体に響く『これぞピアノの音』って云うのでしょうか。
難しい事なんて判りませんが、その強い響きの中からでさえ、美しさや優しささえ感ずる1楽章から3楽章に比べ、この豪放さ。
大好きなベートーベン後期のピアノソナタと比べても遜色ないのは、判ってるけど、この美しさと力強さと云う相反する音は、私の許容力では計り知れないものがあります。
だから、何度も何度も繰り返して聴いているのですよ。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog