fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


夜浅いうちは、ピアノ曲が良い。
さて、べとべんは、車の中で30番から32番まで何度も聴いたし、ショパンって気分じゃない。
ショスタコやプロコを聴くほど元気もない?。
ぅんじゃ、スクリャービンがいいだろうって引っ張りだしたのは、ベアトリス・ロングのピアノで、マズルカ全集。
このブログの履歴を辿ったら2010年にサンリンで購入したばかりの時聴いたきり。
多分二年ぶりに聴いているCD、まあ、未聴盤が大量に有ることを思えば、このCDは、良い方かもしれませんね。スクリャービン作曲マズルカ全集
今、作品3の10曲を聴いていますが、ショパンのピアノ曲独特なショパンの味????に食傷気味な時なんか、こんな小曲集が心を慰めてくれます。
同じポーランドの風土、スラブ系の土の匂い、何となく何処か懐かしいような哀愁。
それでいて何処か後年の神秘主義を思わせるような、音の切片。
明日から三連休ですが、労働組合の会計報告の準備や環境カウンセラー協会の同じく会計監査もあります。
雨が降る合間にフィールドに出て、気になってる植物の全容を調べなきゃならないし・・・・。
結構やること多いのかもしれないね。
勿論、コロンビア・エスメラルダ・スプレモと、モカ・イルガチャフェの焙煎も残ってます。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog