プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


今夜は、禁断のワインを飲んでしまいました。
ベル・リーブ・ルージュ2010、ヴァンド・フランスのカテゴリーに入る、フランス産テーブルワイン。
カベルネ・ソーヴィニオンとメルローの混交だとの事。
若々しい香りと柔らかなタンニン。
贅沢いわなきゃ、ボルドーの安物と区別なんか付くわけないほどのたくましさもあります。
一応ドクターストップを言い渡されておりますが、事赤ワインに関しては目がないわけでありまして・・・・。
市販されているのは2011のほうが多いと思いますが、力強さは同じ事。
グールドさんのBACHを聴くには最高の伴侶でありましょう。
面倒なので、今夜の珈琲はオアズケって事。
オイオイ、冷たい水飲んで寝ましょ(笑)。
youtubeでのだめの映画を見たりして、夜も更けてゆきます。
勤務先やその近く、おまけに甲府市内でも雨が降っていたようですが、相変わらず拙宅の地区では雨のアの字もありません。
昨日掲載いたしましたように、先人の苦労に寄って多くの溜池がネットワークしながら活用されております。
もうすぐ秋の実りを迎えます。
お米のみならず、上記フランスワイン同様国産ワインの原料たるブドウも多くの実りを迎えるはず。
雨が降らない今年は、国産ワインにとってもビンテージイヤーだと思います。
11月上旬には、昨年同様国産新酒ワインが登場します。
これだけ雨がふらなきゃ、滅茶苦茶今年のワインは美味しいはず。
呑兵衛の皆様、頑張って今年のお酒を楽しんでくださいね。
引退した呑兵衛より(笑)。
スポンサーサイト

日照りの夏

今日は久々に県内各地で雨が降りました。
勤務先の近辺も久しぶりのお湿り。
でも、拙宅の付近では、今日も雨が降りませんでした。
お盆前から雨がありませんから、もう半月以上お湿りがない事になります。
その上、この辺りは高台なので昔から農業用水の確保が大変だったらしいです。
そのため、ご近所の地図を開くとこの様に溜池が多数点在し、夫々がネットワーク化され、
農業用水の管理が行われていたようです。
今でも、遥か北部を流れる川から取水して、長い堰を伝って流れてくる水を大切に使っています。
溜池群
先人の努力と汗で、高台でもこの辺りは米作が多く行われています。
普通なら稲作を諦め果樹を育てるのでしょうが、間もなく頭を下げる稲穂の姿がみられます。
全く雨が降りませんが、今年も豊作間違いなし。
これらの溜池では、水鳥が羽を休めているようすも窺えます。
冬になると雁や鴨類もやって来ますよ。
今日の夕方、某民放山梨ローカルのニュース番組で、私達が取材を受けた番組が放送されました。
記者解説と云う特集コーナーの番組でした。
私もお友達も実名と顔を広く県内に晒してしまいました(笑)。
50アンペアの契約を30アンペアに下げると、一般家庭で年間で約一ヶ月分の電力料金を下げることができ、粗値上げ分を吸収できると思います。
但し、この番組中にも申し上げましたが、無理のない範囲で少しずつ契約を下げてゆくことが賢明です。
30アンペアの契約ですと、炊飯器でご飯を炊きながら、電子レンジでチンして、朝シャンの後のドライヤーブロー、で大体ブレーカーが落ちます。
これで落ちなくても、冷蔵庫のサーモスタットが切り替わってコンプレッサーが回り始めたり、あるいはテレビのスイッチを入れた瞬間にブレーカーが落ちます。
もう一度何かを減らしてブレーカーを入れ直せば良いのでしょうが、例えば炊飯の途中で落ちちゃったらどうしましょ。
ご飯は心米で食べられませんね。
大切な食料を捨てることになります。
環境にとっても食料問題にとっても由々しき事態。
バックアップ電源が付いていないパソコンなんか、壊れかねませんね。
アンペアダウンを実行すると、この様に一度に使える電気機器が減ります。
勿論エアコンなんか使うともっと大変。
夕食後の一時、居間以外の電気製品を停め、照明もそこだけにして家族全員が顔を合わせ、電気機器の仕様順番を話し合いで決めましょうか。
もしも、もっとアンペアダウンをしたければ、更に話し合って挑戦してください。
でも、ご飯やパソコンの例を肝に銘じてご注意されたし。
ローカルテレビ局の節電に関する取材対応、それからご近所組内の葬儀も今日で終了。
その間月曜日の午前中出勤しただけでした。
明日はもう水曜日、午後からはISO9001のシステム会議も仕切らねばなりません。
左足の関節内部が出血を起こし、今夕急遽それを抜く治療を受けたばかり。
私事でも亡き父母達の法事の真似事的供養も段取りましたから、来月はスケジュールがギチギチ。
9月15日は嫁と私の結婚記念日なのですが、第30回目の節目を迎える、山梨ボランティアNPO研究集会がありまして、そのイベントの実行委員長としての仕事もあるわけです。
まあ、目下最大の心配事は、昨日も掲載いたしましたように、明日夕刻と深夜に文頭のローカルTV局『U◯Y・テレビ◯梨』の看板番組である「ニュ◯◯の星」で先週金曜日に取材された内容が放送される事。
勿論私の実名や経歴、そして醜い姿が暴露されるわけです(笑)。
その結果が良ければ、他の環境イベントにお誘いを受ける事も多くなり、それなりのやり甲斐もあるのですが・・・・。
まあ、その辺りは相当微妙な処です。
山梨県の環境教育行政の一端を担う『やまなしエコティーチャー』登録簿から検索して頂いた、チョット方向が違うけど初仕事です。
それなりの反響が有る事を期待して待っていましょう。
そして、もう一点我が心臓君が、例の『出勤したくない症状』を発症しないことを祈っています。
これだけは、私の体でも、勝手に振る舞う心臓君のご機嫌しだいなので・・・・・・。
このところ大丈夫でしたから、明日も大丈夫と思いたい(笑いごとじゃなかったね)。
先週金曜日に収録した家庭用契約電流のアンペアダウンの話題、某ローカルテレビ局の看板でもある夕方のローカルニュースで放送されます。
明後日29日水曜日、U◯Y・テ◯ビ◯梨の『ニュースの◯』18:15から18:56の時間帯の特集コーナーじゃないかと思います。
山梨県内なら何処でもご覧いただけますからね。
不肖私がこ汚い中年姿の実像を晒しておりまする。
本当は、あまりのぎこちなさに体する皆様の反応が怖いのです。
収録ご協力頂いた『◯た◯番』さんご夫妻、ありがとうございました。
尚、この時間帯、宵の口なのでお仕事されてる皆さんも多いのではないでしょうか(私は帰宅途中かな)。
そんな皆さんにも同日23:50から翌日0:30と云った深夜にも放送されているようですから、是非ご覧くださいね。
東京電力の値上げ分は、約8%だそうです。
あまり、ピンときませんが、今まで1万円支払っていた電力料金が、1万と800円になるって事。
なんだ、それくらいとお金持ちの皆さんは思われるかもしれませんが、月800円の値上げとすると1年では、9,600円も余計お金が掛かります。
つまり、約一月分余計に支払うことになります。
この割合は、皆さんが支払う電気料金全てに反映されますから、全家庭で年間約一月分の電気料金が余計に徴収される寸法なんです。
そんなわけで、尤も手っ取り早い契約アンペアのダウンを検討いたしました。
番組中何度も言いましたが、ご家族総意の上、良く考えてから実行なさってくださいね。
何か起こっても私のせいにしないでくださいね。
先週は某テレビ局の取材で金曜日からお休み。
明日月曜日からお仕事モードのはずでした。
ご近所の方が亡くなって、明日からお手伝いですよ。
取り敢えず、明日半日だけ出勤して仕事のスケジュール調整をしなきゃなりません。
そんなわけで明日午後と明後日一日仕事はお休み。
ISOの会議も纏めなきゃ成らんし、水曜日が思いやられます。
今夜のBGMは、オーフラ・ハーノイさんのチェロ、コリン・テェルニーさんのチェンバロとオルガンで、ヴィヴァルディのチェロソナタを聴いています。
ヴィヴァルディ、チェロソナタ集
女性チェリスト良いですね。
画像はメディアプレーヤーから拾ってきたもの。
オーフラ・ハーノイさんて半端じゃなく美型の方ですね。
オーフラ・ハーノイさんのヴィヴァルディ
こちらの画像は、私も所有するヴィヴァルディ作曲、チェロ協奏曲とチェロソナタです。
久しぶりに珈琲豆を200グラムづつ3ラウンド焙煎。
キリマンジェロAA、コロンビア・エスメラルダ・スプレモ、モカ・イルガチェフの3種類。
235℃と設定温度は同じにして、いずれも18分程で、夫々の色を見ながら少しだけ時間調整。
キリマンジェロAA
少し深煎りになったキリマンジェロAAですが、まあままでしょう。
多少斑があるようですが見た目はハイロースト程度でしょうか。
コロンビア・エスメラルダ・スプレモ
こちらはコロンビア・エスメラルダ・スプレモ、第二ラウンドなので焙煎機の温度も馴染んだためか、煎り斑はありません。
モカ・イルガチェフ
モカ・イルガチェフは、いつもより少しだけ長めに焙煎しましたが、二日程馴染まないと酸味や香りが分かりません。
最近少し珈琲を控え気味なので、これで2週間程持ちそうです。
先日から話題として取り上げていた、地元ローカルテレビ局の省電力に関する特集番組ですが、なんと今日はその収録日なんですよ。
9月から実施される東京電力の電気料金値上げ問題。
国会から政府まで色々揉めたけど、結局8%アップで決着しちゃって、支払側の私達の意見は無視なんて!酷い。と、某地元テレビ局が立ち上がった??。
県のウエブサイトから、エコティーチャーをヤッてる関係で会社に電話「どうすれば、電気料金が安くなるか」って、テレビ局の記者さんに聞かれて、開口一番『テレビを視るのをやめちゃうのが一番』って、お話したことは、以前掲載しましたよね。
それでもね、こっちも孫もいるオトナ(笑)だから、先方の意図には応えたいワケ。
多少なりとも環境保全活動の片棒を担いでいる関係で、一般の皆さんにお話したいことは山ほどありますしね。
緑のカーテンでエアコンの設定温度を上げる事ができるよって言ったって、事お金が絡んでるから目に見えた形に成らないと皆さん納得しません。
そこで、「一番手っ取り早い、契約電流の変更を実行するのはいかがでしょう?」と提案。
ブドウによる緑のカーテンなんかも提案しましたが、先方が食い付いてきたのは、契約電流の変更。
誰か実行してる人を紹介して取材させて欲しいとの事。
結局昨年の震災の後、いち早く契約電流を変更した『お友達』と相談して、何とか今日その収録に至りました。
無理やり友達を取材の材料にして、「私ゃ仕事だよ。」なんて言えるわけ無い!。
だから、私もその収録に立会いましたよ。
収録打ち合わせ
放送時間は、ローカルニュース枠の特集部分。
精々5分から10分程度だろうけど、綿密な打ち合わせや段取りで結構時間が掛かります。
その時事件が起きた(嘘)
冷蔵庫の中やら省電力実行のために取り替えたLED電灯、そして肝心なブレーカー、そこいら中ビデオカメラが右往左往。
撮影中
お友達は女性で、それなりの環境活動家。
あまり過激な発言をされても・・・・・なぁ。と少々不安でしたが、やっぱり彼女もオトナ(笑)。
インタビューを受けて、契約電流50アンペアから40アンペアに変更した経緯や電話して翌日には工事に来た事など。
そして、どうして一変に30アンペアまで変更しなかったかって事もお話していただきました。
私も最後にインタビューを受け、契約電流を変更することにより目に見える形での、電力料金の削減が期待できるけれど、絶対に無理をしないことをお願いしました。
30アンペアだと状況にも寄りますが、エアコンが使えなくなる恐れもあり、お年寄りや障害がある皆さんにとって、大変なことになるかもしれないからです。
だって、彼女の御宅では震災の時16時間も停電しちゃった経験があるそうです。
だから絶対に無理な契約電流の変更はなさらず、お宅の電気使用状況を充分に確認して、ご家族総意の上で考えてくださいね。
今夜はメンデルスゾーンのチェロとピアノのための作品集を久しぶりに聴いています。
・協奏的変奏曲 ニ長調 Op.17・チェロ・ソナタ 第1番 変ロ長調 Op.45
・アルバム・ブラッド ロ短調
・無言歌 ニ長調 Op.109
・チェロ・ソナタ 第2番 ニ長調 Op.58
 スティーヴン・イッサーリス(チェロ)
 メルヴィン・タン(フォルテ・ピアノ)
 録音:1994年1月、ロンドン、ブラック・ヒース・コンサートホール (デジタル録音)
協奏的変奏曲 ニ長調 Op.17他
画像をお借りしております。
本来、私が聴いているのは、例のメンデルスゾーンのマスターワクスから引っ張りだした一枚。
メンデルスゾーン・マスターワークス
値段を比べるとお得な気分?。
なんといっても、大向を唸らせる、チェロとピアノのためのソナタ第2番ニ長調Op.58のメチャロマンチックな事。
こんな曲弾けたらいいよね。
アダージョでのピアノの絡みが、凄くて、オイオイこれじゃラブシーンじゃん。
「若き日の刹那い淡い恋の終焉(勝手に解釈してる)???」のショスタコのチェロソナと双璧だと思う。
まあ、ショスタコは、こんなに甘美じゃないけどなぁ。
今年の山梨県、朝夕めっきり涼しくなっちゃいました。
今朝は、それ程じゃなかったけど、昨夕や今夜だいぶ気温が下がったみたい。
拙宅にほど近い韮崎のアメダスは、最高気温約33℃と当地じゃ普通の夏の気温。
でも、21:00の気温は24℃、今22:00少し前の気温は更に低くなってるはず。
この時点で日較差10℃近くもあります。
今朝の最低気温は約23℃でしたから、それより明朝は気温が下がりそうです。
日中も蒸し暑くなくて、乾いた風が吹いています。
空も入道雲が控えめで筋雲が幅を効かせ始めました。
やっとミンミン蝉も頑張り始めましたが、日が落ちるとコオロギが鳴き始めています。
大雨で被災された皆様には、お見舞い申し上げますが、当地本当に降水量が少ないのです。
夕立も偶にありますが、期待ほど雨の降る時間が短く、果樹園はスプリンクラーで潅水中。
この調子だと、今年のワイン用ブドウの品質は凄いかもしれません。
恐らくビンテージイヤーになりそうですね。
そんな秋の実りを夢見て、今夜のBGMは、久々にべとべんさんの交響曲第1番ハ長調作品21。
べとべんさん
一番初めに作った交響曲だけど、凄く楽しい曲。
ハイドン先生やモーツアルト氏の影響が深いなんて云われてるけど、やっぱし べとべんさんの音がするよね。
ヨーゼフ・クリップス指揮ロンドン交響楽団の演奏。
昔むかしのコロンビア・ダイアモンドシリーズと一枚1,000円也の廉価版レコードがありました。
このCDに1番と共にカップリングされている3番エロイカがその1,000円盤で一番初めに買ったLPレコードでした。
当時、高校に入学したばかりの頃で、今から40年以上昔の話です。
今は、交響曲全曲がブリキの箱に入ったセット物CD5枚組で、なんと1,000円程度だなんて。
良い時代になったものですね。
今私の周辺では、東電の電気料金値上げに対抗しようと云った機運が盛り上がっています。
電気をできるだけ使わないようにと、お友達は契約アンペア数を下げたそうです。
一番凄い方は、5アンペアで暮らし始めたとか。
東電さんが電気炊飯器が使えないと言っていたそうですが、何とか玄米ご飯も美味しく炊けたとの事。
この御宅で使われていた炊飯器は、炊飯時500ワット弱の電力を消費した模様。
とすると、とても電気冷蔵庫の使用は、一緒じゃ無理。
炊飯してる時は冷蔵庫をとめなきゃなりませんねぇ。
まあ、お鍋でご飯を炊くのも一興。
但し、玄米を炊く場合、圧力鍋と云った選択肢もありですね。
勿論ガス会社と契約したんじゃ意味ないから、カセットガズを使う?????。
これなら一本100円以下で手に入るし、必要な時必要なだけ熱源として利用可能。
洗濯機は5アンペアだとこれだけでギリギリ。
乾燥機は不可。
電子レンジも恐らく不可。
扇風機は以外に省エネらしいので、使えそう。
勿論エアコンなんて文明の利器は不可。
テレビなんて視ないから要らないよね。
冷蔵庫と扇風機が使えれば、夏は乗り切れますね。
さて、冬はどうする。
炬燵も普通のじゃ無理だけど、一人用の小さな物は100ワット程の消費電力なので使えそう。
レトルト食品を暖めたお湯を湯たんぽに入れて使うのも風流??。
照明はショボイけれどLEDを使えば大丈夫。
尚、別の友人は朝ソーラークッカーでお湯を沸かし、それをポットに入れておいて、一日それだけで間に合うとの事。
そのため、ガスでお湯を沸かすことは、晴れてさえいれば大丈夫だって。
当地、冬は殆ど晴れてるから、冬もお湯が沸くだろうね。
因みに、こちらの御宅、凄いの一語に尽きる見事なゴーヤで緑のカーテンを栽培中。
お陰でエアコン要らずだそうです。
ご紹介した皆さん、少しも悲壮感なんて無いんですよ。
逆に、省エネや省電力を楽しんでる風情が漂ってます。
皆様もご家族と相談して一家団欒楽しい省エネ、省電力作戦を実行してみては、いかがでしょうか。
そんなこと言ってる私が一番ダメなんだろうな(笑)。
車の中で聴く曲は、チョット前までべとべんの後期ピアノソナタでしたが、最近はモーツアルトのピアノソナタ。
ウインドウズメディアプレーヤーのファイル形式で、CDRに焼き、聴いています。
モーツアルトのピアノソナタなら全曲入れても未だ空きが多いので、シューマンの室内楽や、バルトークのビオラ協奏曲なんかも一緒です。
それが災いしてか、その時のフィーリングで聴きたい曲を探しだすのは、とてもタイヘン。
モーツアルトK331
クリックすると大きな画像になりますよ。
帰宅後ニカラグアの珈琲なんか飲みながら聴くのは、イングリッド・ヘブラーが弾くK331。
トルコ行進曲付きとして、モーツアルトのピアノ曲の中では一番聴かれている有名所。
私も第三楽章のトルコ行進曲は大好きですが、本当は、第一楽章のバリエーションの方が好きなんですよ。
のだめカンタービレでもコンセルヴァトアールの試験で引いていたのは、第三楽章トルコ行進曲の部分だけ。
第一楽章が15分近く演奏が続くのは、このバリエーション。
第三楽章のトルコ行進曲が3分半と対照的です。
先ほど出掛けた今日のフィールドワークの対象は、ナンバンハコベの植生調査。
いつもお伝えしているようにご近所里山は、新しい道路の建設により寸断されてしまいました。
この季節緑のトンネルになるはずの2つの溜池を結ぶ用水路脇の小路も途中からプッツン。
幸い、工事現場の手前がナンバンハコベの自生地のため、何とか難を逃れた次第。
ナンバンハコベが咲きました
不思議な形の花なので、一階覚えると忘れません。
今や埼玉県等では、絶滅危惧植物に指定されている由。
こちら山梨でもそう滅多にお目にかかれない花です。
花の中央部緑色の丸い玉のような所がやがて黒くなり、種ができます。
タカサゴユリが田圃に揺れます
こちらは、この季節田圃の畦に咲くタカサゴユリ(もしかするとテッポウユリ)です。
ついこの間まで、真夏の陽を浴びてヤブカンゾウの朱色が目立っていましたが、今はこの白い百合。
お隣の緑のカーテンはブドウです
拙宅のお隣のブドウ栽培の緑のカーテン、そろそろブドウが色付き始めました。
強い日差しを和らげ、涼しさを誘う緑のカーテン。
ゴーヤは苦いけど、ブドウは甘いもんね(笑)。
テレビ局から、電力料金の低減策を教えて欲しいと依頼を受けたことは報告済み。
どのようにすると、電力料金が安く済むのかをここに記します。

電力料金の値上げに対抗する方法

契約電力の引き下げ
ご承知の様に、東京電力とのアンペア契約により、基本料金が変ります。
詳細は以下の東京電力の該当ウエブページをご参照ください。

http://www.tepco.co.jp/service/custom/idoufaq/keihen-j.html

  ブレーカーの色  赤   桃  黄   緑 灰 茶 紫
契約アンペア(A) 10   15  20  30 40 50 60
基本料金(円/月)税込 273  409  546   819 1,092 1,365 1,638

現在50アンペアで契約されているご家庭の場合、月額1,365円ですが、
30アンペアに契約を変更すると月額819円になり、月額546円節約できます。
年間ですと、6,552円も節約できる計算です。
但し、あくまで基本料金ですから、電力消費量が増えればその分上乗せされます。
同じ量の電力量(kW/h)なら、基本料金の分だけ得になる計算です。
しかし、契約電流を減らした場合、一度に使用出来る電気機器が制限されます。

一般的な家電製品の起動時のアンペア数は以下の通りです。
冷蔵庫:1.5A
洗濯機:4A
エアコン:15A
炊飯器(炊飯時):8A
ホットプレート:13A
電子レンジ:10A
ドライヤー:10A
アイロン:8A
テレビ:1A
暖房温水便座:3A

などです。(製品のより異なります。必ずご自宅の家電製品の裏面などをご確認ください)

30アンペア契約の場合、先ず、何処のご家庭でも常に冷蔵庫が稼働していますから1.5アンペアは必須。
最近の冷蔵庫やエアコン等コンプレッサーを使用している機種の場合、インバーター制御されているので、この通りの数字になるとは限りません。
あくまでもこれは目安です。
朝、ご飯を炊きながら朝シャンの後、ドライヤーを使い電子レンジでチン。
お手洗いで用を足した後の温水洗浄の瞬間ブレーカーが落ちちゃいます。
あるいは、テレビのスイッチを入れた瞬間かもしれません。
これには照明器具等は計算に入れていませんが、もしかすると電子レンジでチンの
段階でブレーカーが落ちる心配もありそうですね。
さて、ご夫婦とお子さん二人のご家庭の場合、お子さん達それぞれに個室があり、エアコンが使用出来る環境では、勿論居間にもエアコンが有るでしょうから、帰宅後それぞれの部屋でエアコンを使用すると、もうお判りですよね。
電力使用量の低減を図る場合、最も重要なのは、ご家族の理解と話し合いです。
夕食後、それぞれ個室に篭らずに、居間だけでエアコンやテレビを使い、電気の使い方や順番を決めるのはいかがでしょうか。
一緒にその日の出来事なんかを報告しあうのも良いですよね。
省エネとか省電力って云うと何となく貧相で、楽しくないってイメージが漂いますが、家族団らんの機会と考え、色々話しあってくださいね。
省エネ家電に買い換えるのも一つの方策ですが、今ある家電製品等を有効に利用して無駄な電気代を減らすほうが得策だと思います。
エアコンのフィルターをこまめに掃除したり、冷蔵庫の開け閉めを減らしたりね。
冷蔵庫の中に食品を詰め込みすぎると、目当ての物を探すのに時間が掛かる上、冷気の流れが妨げられ、消費電力がかさみます。
増改築の際、思い切って窓ガラスをペアガラスにするのも冷暖房効果を高めます。
エアコンに頼らず自然の風を取り入れましょう。
網戸の張替えや清掃も風の流れをスムーズにします。
猫のミー
お堅い話はここまでにして、今夜のオマケは猫のミーの登場。
彼女も既に14歳を過ぎました。
先ほどまで香箱座りをしていましたが、顔を上げて前足を出しちゃいました。

朝から大忙し

今日から、勤務先は繁忙期時間となり、それまでの一日7時間30分の就業時間が8時間に伸びます。
それでも時間が足りずに右往左往の一日でした。
昨夕、アウトルック2000のファイルが全て消えてしまったと云ったエラー報告を受け、保守会社のいつものSEさんと打ち合わせ通り対象のノートPCを見てもらおうという矢先、急な病欠中の同僚から全く別々のPCからメール転送を頼まれたりと、体が3つぐらい欲しい状況。
件のSEさんのお仕事も、滅茶苦茶な状況らしく、結局彼は夕刻まで私の会社でお仕事していました。
午後から凄まじい雷雨となり、雷雨が終わり一段落したと思ったら急な停電。
案の定、接続しているUPSの調子が悪いマシンが落ちたりと、もう大変。
新しいUPSの見積りを依頼したり、仕事は増えるばかり。
昨日取材を入れたいと言ってきた、テレビ局に対しても、なおざりにするわけにも往かず、それなりの要求を呑むこととし、連絡。
一日理由が分からない何時もの雑用仕事で終わっちまって、肝心のISO関係の仕事は来週回し。
これで大丈夫なわけ無いよなぁと、自戒するも後の祭り。
日付が変わる頃、まだべとべんの32番のソナタを聴いているんじゃ駄目だゎ。
クララ・ハスキルのセットから5枚目、他にラベルのソナチネやバッハのBWV914が収録。
それにしても今日の夕立凄かった。
我が仕事場の事務所の南側の欅並木のかなり太めな枝が落ちてきたりしたし、通路は一面小枝でいっぱい。
まあ、PCも取り敢えず復活したし、後は来週考えよう(笑)。
我がワガママな心臓くんも、ご主人たる私の諭しが効いたのか、恐れていた連休明けの心房細動も発症せず、すこぶる御機嫌でした。
いつも時々起こる動悸すら気にならないくらいでしたよ。
相変わらずパソコン絡みのチョットした使い方相談やらExcelのエラーの対処法。
そして、16:00からは防災訓練!。
私の任務はデータ関係の搬出でした。
取り敢えずダンボール箱に『非常持出品』と書いた紙を貼り付け、ダミーの出来上がり。
そんなこんなと右往左往している処に地元テレビ局から名指しで電話????。
山梨県のホームページに掲載されている私の『エコティーチャー』のデータから、私に省電力についての取材だそうです。
ホョ!??と、始めて、やまなしエコティーチャーのお仕事と喜ぶべきなのですが、今日の勤務先は修羅場というか火事場ですから、タイヘンなのですよ。
お陰様で後でメールを等と言っといて、アドレスを間違って伝えた始末。
電話で開口一番聞かれたのは、家庭でできる一番手軽で効果がある節電法はなんでしょうか?????。
さて、私は何と答えたでしょう。
勿論、テレビを視ないようにしてラジオを聴きましょうってネ(笑)。
テレビ局の報道部のディレクター????さん相手にね(笑)。
先方も引きつった笑い声??。
取り敢えず、その事には触れずに極一般的な諸電力事例を紹介する事にして一件落着。
避難訓練のあとは、緊急時対応の講習でした。
心筋梗塞の際、患者を横臥位にせず、起座位に座らせなければならないとか、AEDの使用方法等、私自身に思いあたる事も多く、以前の連休明けには、実際我が身に起こったことなので・・・・・・良かった良かった・・・??。
クララ・ハスキルさんの怖い顔
今夜のBGMは、クララ・ハスキルのピアノで、リアス響・アンセルメとのライブ録音のシューマンのコンチェルト、そしてアベック変奏曲、アルバムの綴りから1番から5番です。
8月11日からお盆休みでしたが、明日16日から出勤です。
ここ何年かは、何事も起きませんでしたが、以前5月やお盆の連休明け、出勤しようと靴を履いた途端、強い心房細動に襲われ、恐怖のDCカウンターショック療法(所謂心臓への電気ショック、動きが悪い心臓に強い電流を瞬間的に流し、正常に戻すらしい)を何度か受けた経験があります。
よく云う5月病ってやつみたいですが、私も一応オトナなので、もっと休みたい気持ちを切り替えて、出勤するのですが、どうも心臓は私の本能に忠実なようで、出勤したくないと駄々を捏ねていたんだと思います。
さて、明日のお仕事、そして私の心臓、どうなりますやら(笑)。
相変わらずお上は、省エネタイプの自動車を購入すると、減税や補助金を出す制度を継続中。
メーカー側も早くしないと、補助金支給が終わっちゃうから早く買えと囃し立てる。
挙げ句の果て、補助金が打ち切られたらその分値引きするなんて言うメーカーまで????。
なら、最初から安く売りゃ良いだろうに????。
車なんか、修理しながら長く使ったほうが絶対安上がりで省エネ効果や、修理費に寄る地域活性化も期待できる。
新車を買っても、地域活性がにはなりにくい。
車ついでにBDF燃料もチョット首を傾げたくなる。
廃食油を何故わざわざ手間やエネルギーを費やして集めたり、加工してジーゼル燃料にしなきゃ成らんのでしょう??。
廃食油のまま、いろんな廃油と一緒に廃油ボイラーの燃料に使ったほうが遥かに理に適っていると思いますけどね。
まるで、ワザワザペットボトルキャップを集めてワクチンの寄付に使おうって運動と同じじゃないかい。
一本20円のワクチンを送るのに800個のキャップを集めると云う。
なら、800本のペットボトル飲料を買わずに、全員がマイボトルを使ったら、800本分の金額をそのまま寄付すりゃ良い。
一本150円(これだけでもワクチン7本半になる)として、800本だから120,000円!。
6,000本のワクチンが寄付できるワケ。
もう一度廃食油に戻るけど、飲食業などの場合、廃食油が大量に発生することは食品の品質や規格を統一する上で必要かもしれませんが、私達の様な一般家庭から廃食油が発生する事が不思議なのですよ。
揚げ物には必要なだけ小さなナベやフライパンを使う事。
使う油はワザワザ、サラダオイルなんか使わずに本来の天ぷら油を使う。
揚げ物で残った油は炒め物に使ったり、油を継ぎ足して次の揚げ物料理の際使えば良い。
某半国営放送局の番組でさえ、何度も揚げ物に使った油のほうが美味しいと云った報道すらありましたよね。
ましてや、使わずに古くなっちゃった食用油が有るなんて酷すぎる。
贈答品の食用油が余りそうなら、古くならない内にフードバンク等に送り、有効活用すべきでしょうね。
機械産業から発生する鉱油の廃油は、廃油ボイラーの燃料になります。
なら、食品系廃油だって燃えないわきゃないでしょ。
昨夜22:00頃から30分程、当地にて天頂の夏の大三角ばかりか銀河まで目視できる状況になりまして、嫁と犬、を伴い喜び勇んで、ご近所暗がり(笑)。
住宅地故街路灯の明かりが凄まじいのですが、そこは長年の経験で有る一角をポイント。
輻射点から南東に伸びるマイナス一等級以上の痕を引くペルセウス座流星に歓喜の雄叫び。
さぞやご近所の皆様ご迷惑だったことでしょう。
22;30頃には雲が掛かり、二度と流星を楽しむことはできませんでした。
今朝も薄明より小雨模様、今夜の夜空も不安と裏返し。
この歳になっても40年以上前の杵柄が災いしているんでしょうね。
でも、ペルセウス座流星群。
今だかって私を裏切ることなく、宇宙の神秘を極手短に感じさせてくれる唯一の天文現象。
先ほどまでの雨も上がりガビチョウの五月蝿い声を聞きながら、今夜の夜空に思いを馳せています。
毎年この時節、思い描く高原での思い出。
スウィート&ビターなペルセウスとマツムシソウ。
それが私の原点ですからね(笑)。
今日も1日孫を預っています。
歩くのも上手になりまして、まず午前中のお散歩は、ご近所の公園デビュー。
私達以外誰も居ないのが残念。
孫の公園デビュー
まだ階段は上手に登れないので、幼児用滑り台に滑走面から登っています。
ツルツル滑るのが楽しいらしい。
ブランコもまだ背が届きませんし、ジャングルジムにも早く登りたいよね。
砂遊びに興じて、砂まみれ。
拙宅に戻り、行水ついでにおめし換え。
遊び疲れてお昼寝の後、夕方のお散歩。
夕暮れの富士
よく見るとまだ残雪が残る夕富士も遠くに見えます。
ペルセウス座流星群、今夜が極大ですが、生憎夜になって曇っちゃいました。
明日の夜に期待しましょう。

晩夏

立秋が過ぎて今はもう秋。
半月近く遠のいてしまったご近所里山を歩きました。
勿論山道も蜘蛛の巣や繁茂した薮に覆われていますからそれなりの覚悟が必要(笑)。
トレッキングシューズと登山用ステッキも必須アイテム。
おまけにエルクの古いロゴが入った、いつものナップザックを背負っていますから、何処かにハイキングにでも出掛ける風体。
半月前は、山道に入る前の道路の上を元気に飛んでいたオオムラサキ達も見当たりません。
しかし、小道を登りだして暫くすると、クヌギの梢高く滑空するオオムラサキの♀がおりました。
半月前、ここでオオムラサキの飛翔を見ることはなかったのですが・・・・・。
オオムラサキの吸蜜
ご覧のようにクヌギの虚から湧き出す樹液を吸蜜しています。
やっぱりこの季節は、♀の天下ですが♂も鱗翅をボロボロにしながらも頑張っていますよ。
恐らく彼は、オオムラサキの勇者なのでしょう。
この時期まで、ボロボロになりながらも♀と・・・・・・・。
ダイコンソウ
黄色いけれど、上から覗くと間違いなくバラ科のダイコンソウ。
ウバユリ
谷間の奥には、人を驚かせるに値するウバユリも咲いています。
もう遠に咲き終えた株がありまして、子房の尽き方から見て、これより遥かに立派な状況。
冬が来て、ドライフラワーになった頃が楽しみです。
キキョウ
これはチョットくたびれちゃったけど、今や絶滅危惧種になってしまったキキョウの花。
まるでトルコギキョウの様になりましたが、先客が花の中にいますよ。
ウスタビガの繭
この季節めったに見つからないウスタビガの繭を見つけました。
未だ出来立てなのか色が綺麗です。
尚すべての画像、クリックして頂くと大きい画像をご覧いただけますよ。
今夜は職場の納涼会でした。
明日からお盆休みに入るので、毎年この時期に行います。
今年は、半島系の某国風焼肉屋さんでした。
唯、私は漬物特にキムチが大の苦手です。
勿論我が国古来よりの香の物全てだめ、沢庵なんて失神しそう(笑)。
臭いが先ずだめ、結局余り楽しめませんでした。
おまけに、お酒もドクターストップ中で、◯◯◯フリーを二本飲んだだけ。
昔、藤子不二雄さんの漫画「オバケのQ太郎」のキャラクター、アメリカ・オバケの『ドロンパ』というキャラクターが漬物の臭いがきらいでしたね。
お陰様で、塩分制限があっても、香の物を一切口にしないので、余り苦になりませんよ。
久しぶりにフルトベングラーのボックスセットから、15枚目のリヒャルト・シュトラウスの項を聴いております。
後期ロマン派の終焉を飾る、オーケストラ作品。
ドンファンとティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら、死と変容
フルトベングラーのボックスセット
1950から56年頃の録音と、私が生まれる前の録音らしいのですが、モ
ノーラルであることを除き、とても良い録音のようです。
暦の上だけで秋になっちまいましたが、朝夕涼しい日々が続いております。
都会は熱帯夜だそうですが、当地昼は猛暑でも、夜間はそれなりに冷えてくれます。
ここ数日夏のタオルケットの上に冬の毛布を掛けて寝ています。
今夜もパソコンのCDプレーヤーにグールドのCDを放り込みました。
ボックスセットの二枚目、2声のインヴェンションと3声のシンフォニア BWV.772-801です。
2声のインヴェンションと3声のシンフォニア BWV.772-801
通常バッハの作品は、知的で何となく冷たい雰囲気が漂うのですが、このグレン・グールドの一連のセットものには、そんな冷たさは微塵もありません。
とても暖かな演奏じゃないでしょうか。
そして、グレン・グールドの演奏特有の彼の唄も不思議にイメージをふくらませています。
恐らく、バッハの演奏やお勉強目的には薦めませんが、それ以上のバッハの喜び、そして楽しさを味あわせてくれるグレン・グールドのピアノ。
いいなぁ!!!!!。
我が喫茶気まぐれが誇る、ストレートコーヒーに付いて、ご報告致します。
何と言っても店主自らが、一番好きな珈琲豆『モカ・イルガチェフェ』をハイロースト程度に焙煎し、酸味と甘み、オトナの味たる柔らかな苦味、そしてモカイルガチェフェだけに許された至高の香り。
これを味わっていただきたく、その在庫に拘っております。
最近は多少流通に余裕が出てきたようですが、しばらく前まで、入荷が乏しくなっておりました。
現在生豆を1キロ約2,000円程度で入手しておりまして、これを焙煎した場合約15から20%程度目減りします。
コーヒーカップ一杯辺り、10グラムの煎り豆を使ったと仮定すると、最悪1キロの生豆で、80杯のモカイルガチェフェのストレートコーヒーが味わえます。
2,000円÷80杯=25円 生豆の原価だけで25円!。
これに光熱費、私の人件費、フィルター他の消耗品代、家賃、そして肝心な利益分を加算する必要があります。
まず人件費は一日、年金、健康保険、失業保険等もありますから、最低1万円は確保しなけりゃなりません。
例えは、仮に100杯売れたとすると、一杯辺り100円の人件費が必要になります。
フィルター他の消耗品代が10円、光熱水費30円、居抜き10万で家賃が一杯辺り100,000÷30×100で33円、合計約200円
店の利益を100円乗せると、最低一杯辺り300円。
ましてや、もう一人雇うとプラス100円で400円。
こう考えると、通常喫茶店で供される一杯400円也の金額が至極妥当に思えてきます。
自家焙煎コーヒー店の商売は難しそうですね。
自家焙煎だろうと無かろうと、一杯400円オーバーの珈琲は、チョット考えちゃいますね。
たまにはプロコフィエフのピアノソナタ第3番をCDプレーヤーに挿入。
7分半程の短い単楽章のピアノソナタ。
プロコフィエフのピアノソナタの中で一番判りやすい???。
でも叙情性もたっぷりだから、好きな曲の一つです。
スクリャービン、プロコフィエフ、ショスタコービチのピアノソナタ全集
この一曲目の3番の次は6番、これも良い曲ですね。
随所に散りばめられた美しいフレーズ。
マーレイ・マクラッハランのピアノ独奏。
尚、スクリャービンはホーカン・アウストベー、ショスタコービチはコリン・ストーンとそれぞれ違うのが楽しい処。
兎に角コストパフォーマンス抜群??のCD5枚組です。
以前購入したグレン・グールドの各6枚組のボックスセット。
ひとつは、30番から32番も収録されたベートーベンそしてバッハ。
いずれもメディアプレーヤー形式のファイルに圧縮してAZオフロードの車内にて大音量で聴いております。
今聴いているのは、バッハ作曲BWV1080フーガの技法。
前半のコントラプンクトゥス第1番から9番までオルガンで演奏し、後半は第1番、2番、4番、そして9番
そして11番から14番をピアノで演奏したものが収録されています。
単売されているフーガの技法他
こちらは、単売されているCDアルバムです。
91vhFjpbBrL__AA1500_.jpg
同じくこちらは、グレン・グールドのバッハ演奏の集大成だそうです。
CD38枚、DVD6枚のセット10,634円也との事。
凄くお得感があるのですが、これ以上未聴盤が増えると困るので買いません(ホントかなぁ)。
この6枚組セットもあるし、レコードで、フランス組曲、イギリス組曲、その他もあるよなぁって。
今日の予定は、まず菩提寺の墓所を開墾することから始まります。
我が一族の菩提寺は、現在直接管理する管理者たる住職がおりません。
同地区の同じ宗派の名刹の住職が一応管理されて居られますが、墓地の清掃作業等は、各檀家で行います。
私も盂蘭盆会も近い事から、墓地の清掃ならぬ開墾??をしなければなりません。
ビフォー
今年は、いつもより少し少なめの蔓状植物です。
これは、カナムグラが大量に絡まっている墓石周りの状況。
この暑い日、長袖、長ズボン、トレッキングシューズ、そして手には軍手ですね。
開墾対象が、カナムグラなので、棘による引っ掛け傷を防止するため、長袖を着用します。
アフター
そして、これが開墾を終了した段階での墓所の全体像です。
暑い中、結構な作業ですが、何とか短時間で終了。
緑濃い信玄堤
我が一族の菩提寺は、信玄堤に隣接しています。
堤の上には県道やサイクリングロードが通い、一日中行き交う自動車や人で賑やかです。
シュシュで髪を留めました
墓所の開墾を終え、帰宅すると孫が連れてこられました。
髪が伸びて、暑そうだったので、シュシュで束ねてみました。
女の子みたいで可愛いでしょ(笑)。
今朝、煎豆屋さんにキリマンジェロAAを1キログラム、メールで発注。
先程、キリマンジェロ生豆を同社の社長さんにお届けいただきました。
キリマンジェロAA
サービス品として頂いたのは、コロンビア豆のサンプルを三種類合計500グラム以上あります。
小袋のゲイシャ、大きめの袋には、トルヒージョ渓谷、ファルコンと記載されています。
違いを確かめるのも楽しそうです。
これだけ種類が豊富だと、生産国コロンビアのコーヒー文化に浸る事ができそうですね。
コロンビア豆のサンプル
ここまで来たら、今夜のBGMはヨハン・セバスチャン・バッハ作曲、BWV211 "Schweigt stille, plaudert nicht"」通称コーヒーカンタータです。
ヨハン・セバスチャン・バッハ作曲の世俗カンタータの中で最も有名な曲です。
コーヒーが大好きな娘さんとそのお父様の掛け合いが楽しい、お話。
特に第4曲 ソプラノのアリア、そしてフルートと通奏低音
娘のソプラノ

ああ、コーヒーの味の何と甘いこと!
千のキスよりまだ甘い、マスカットよりもっと柔らか。
コーヒー、コーヒー、コーヒーなしじゃやってけない。
私を何とかしようと思ったら、コーヒーをくれるだけでOKよ。

BWV610,611のCD
こちらも、購入後時間だけがいたずらに経過してしまった、ヨハン・セバスチャン・バッハ作曲のカンタータ全集からの一枚です。
今夜のコーヒー
相当使い込んで汚れが酷い我が愛用のマグカップ。
今夜のコーヒーは、いつものようにコロンビア・エスメラルダ・スプレモ。
今夜聴いているのは、グレン・グールドが弾くヒンデミットのピアノソナタ全集。
全集と言っても、丁度CD一枚に収まる3曲ですけどね。
一般的には、第三番が最も好まれているようですが、わたしは3曲とも好きな曲。
ヒンデミットの作品で一番有名なのは、『画家マチス』でしょうけど、このピアノソナタもそれなりに良い曲。そして、グレン・グールドと、とても相性が良いようです。
ヒンデミットの曲は、まるでヨハン・セバスチャン・バッハが20世紀に蘇ったかのような対位法、そしてフーガ。
グレン・グールドの遺産で一番多いのはヨハン・セバスチャン・バッハの曲が多いそうですが、バッハと同じくらい傾倒していたのがヒンデミットだったそうです。
その他、ヒンデミットの作品で有名処は、無伴奏ビオラ曲集や弦楽四重奏曲でしょう。
Hindemith piano sonatas
いつものようにグールドは、この演奏でも、ピアノに合わせて歌っています。
この声が合いの手のようにも思え、クールなはずのこの曲集を何か暖かい物を感じます。
皆様にも是非お勧めしたいヒンデミットのピアノ・ソナタ。

Powered by FC2 Blog