fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


今日は少し曇りがち、時折雨粒も感じますが、気になるほどじゃない。
今日もお湿りを期待できそうにありあせんねぇ。
日差しもあまり強くないので、以前煎豆屋のご主人から頂いた、『コロンビア・ゲイシャ』を手網焙煎することにしました。
コロンビア・ゲイシャを手網焙煎
こちらの画像は、クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
20年近く使っている、珈琲の手網焙煎用胡麻煎器です。
約30グラム弱を手網焙煎機に入れ、カセットコンロで煎りましょう。
いつも使っている自動珈琲煎豆機ジェネカフェは、こんなに小さいロットには対応できません。
そのための手網焙煎です。
焙煎を始めて15分以上経過して
焙煎を始めたら急に日差しが強くなってきましたよ。
お日様の暑さと、ガスコンロの炎が風に煽られて煎豆器のハンドルを焦がします。
時折、持焙煎器を持つ手を替えたりしながら、一爆ぜ、ふた爆ぜとシーケンスを進行させるわけ。
いつも時間だけジェネカフェに入力して、後は野となれ山となれ、と違い良く色を確認しながら手のスナップをきかせますよ。
屋外での作業のため(キッチンでの手網作業は、嫁からご法度を申し付けられております(笑)風の影響を受けやすく温度維持が結構難しいですね。
ゲイシャの焙煎が終了
それでもこんな風に煎り上がりました。
ふた爆ぜの後半あたりで火から下ろしましたから、シティロースト程度でしょうか。
後二三日したら、この煎豆を味わってみましょう。
スポンサーサイト



花火大会

先ほど、諏訪湖新作花火大会より帰宅。
来年の新作花火が発表されるようで、毎年沢山の人が訪れるとの事。
私は始めて、嫁や他の家人は、もう何回も見ているようです。
円形だけじゃなく、サイコロをイメージした物もあり、結構楽しめました。
さすが諏訪湖畔は、標高も高いだけあり、陽が陰ると肌寒い上、夜の帳が降りるとなおさらでした。
もう秋なんですね。

Powered by FC2 Blog