fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


もう秋彼岸

午前中より、墓参を4ヶ所。
暫し休憩の後、陽がだいぶ傾いてから何時もの谷間に出掛けました。
例年に比べ陽が高い内は日差が強い上、私でも暑く感じるため少し遅目のフィールドワーク。
シラヤマギクが多く咲いていましたが、画像はボケが酷くてダメでした。
例年晩冬にならないと見つけにくいウスタビガの繭を、今年はどういうわけか多く見かけます。
今日は、短時間に3つも見つけましたよ。
そして、今日のメインはこのオケラ。
独特な雰囲気を醸すキク科の花。
山菜としても知られていますが、今や自生種は、東京都はじめ各都道府県で絶滅危惧種の指定を受けています。
オケラ
クリックしてオケラの花をよくご覧下さいね。
萼に魚の骨に似た棘々が付いているので直ぐオケラと判ります。
トウヒレン属の花
コウヤボウキの仲間に似ていますが、雌しべが花弁よりはみ出しています。
恐らく、キク科のトウヒレン属の花かと思われます。
陽が落ちると、涼しさを通り越し、真夏の恰好では、寒すぎるくらいになりました。
オケラが咲きはじめたのは、秋が深まった証拠です。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog