fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


ヘブラー女史が弾くシューベルトの即興曲全集をターンテーブルに乗せたが、イマイチ気分が乗りません。
そんでもって、ブルーノ・ワルター指揮コロンビア響のブラームス第三番をターンテーブルに乗せ換えました。
ワルターの、ぶらさん
スイッチを入れてビックリ!。
はっきりとレコードが波打っているではありませんか(泣)。
最近使わなくなった、レコードの重石たるレコード・スタビライザーである程度矯正するがダイジョウブかな?。
レコードカートリッジは、テクニカのMCを昇圧トランスで使っていますが、なんとかトレースしています。
スタビライザー
それでも第二楽章でトレース不能に陥り急遽第三楽章に飛ばしましたよ。
なんとか、第三楽章の聴かせどころはなんとかなりましたけど・・・・。
あゝ!、なんという事。
ブルーノ・ワルターの『ぶら三』CDに買い換えるのもアホらしい。
当分第二楽章をパスして聴くしかありますまい。
カラヤンのベルリンやフルベンのウィーンフィルで我慢しましょう。
メンゲルベルクのコンセルトヘボウもありましたね。
結局、メンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウで口ならぬ耳直し。
1932年の録音。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog