fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


元気だった頃、皆さん同様お酒は大好きでした。
一応主治医からは、アルコール類に関するドクターストップなるものを言い渡されております。
元気だった頃、当時清涼飲料水として呑んでいたのは、ビールでした。
昨今ビールのアルコール度数が上がり、清涼飲料水じゃなくてお酒になっちゃいました。
ビールには高率な酒税が掛かるため、昨今麦芽混和率を下げた発泡酒が多くなり、それでもお上は麦芽混和率の低い発泡酒にまで、高額な税制という触手を伸ばし始めました。
とうとう、麦芽を使わず醸造用アルコールを主原料としてビールの風味を付けた発泡性のリキュールまで登場し、いまやこのリキュールが一番売れているようです。
これじゃ酔うために呑むわけで、麦芽とホップの香りを楽し見ながら爽快感を味わうことができないわけ。
このご時世、仕事や生活の憂さを晴らすためにもアルコールの力を借りることについては、いささかも文句を言いますまい。
だけど、少し寂しいよね。
これじゃまるで酔うために呑んでるって事。
ビールのアルコール度数も今や5.5%、物によっては6%にまで上がったものもあります。
こんなにアルコールが高いと、清涼感を味わう前に酔っ払っちまいます。
私が好むのは、この「ハイランドビール」です。
ハイランドビール
瓶の首に酒税法による、必須事項が書かれている小さなラベルが貼られているだけですが、浮き彫りにされたロゴと相まってとてもよいデザインだと思います。
大手メーカーのビールですが、麦芽100%で、ホップの清涼感、麦芽の味、いずれも清涼飲料水としてのビールにふさわしい製品でしょう。
しかも現在缶ビールは一切なく、専用のガラス瓶に詰められ、呑み終えた瓶は回収され再び洗浄後再度ビールが詰められるリターナル瓶なんです。
業務筋で使われることが多いせいだとも思いますが、良い製品だと思います。
先ほど、空き瓶を取り扱っているご近所スーパーに返しに行った処、一本あたり容器保証金5円が返金されました。
もちろん再度同ビールを一本だけ購入したのは言うまでもありません。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog