fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


山梨県が所管する、新しい公共支援金事業「専門家等派遣による個別団体支援事業」として開講されている、マネジメント学習会から先ほど帰宅しました。
私達のようなNPO・市民活動・地域活性などに携わる者を対象に『もしドラ塾』と云う、例の小説を参考にNPOやボランティア団体が抱える問題を、マネジメントの手法で解決しようといった県の目論見です。
タダで色々教えてくれるんだから、参加しなきゃモッタイナイと始めたのですが、本日の受講生は3人だけ。
講師陣も3人、と素晴らしい講義(お金が掛かってるねぇ)。
でも、凄くためになる内容なんですよ。
板書2

板書1
こんな様に受講者の所属する団体等に関する問題をもしドラを通して考えようといった内容なんです。
月一回のペースで講義があり、次回は来年一月です。
スポンサーサイト



今日は先日ご紹介した、「思いやり駐車区画利用証」の交付を受けました。
思いやり駐車区画利用証
クリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます。
申請書と、特定疾患受給者証を提出して、しばらく待っていると直ぐに利用証が交付されてビックリ。
従来の身障者用駐車スペースも随時この形式になってゆくのでしょうね。
今日出掛けた、市役所支所でも、今まで車椅子マークが描かれた駐車枠の横に思いやり駐車区画を示す看板設置されていました。
このスペースに駐車する場合、このようにルムミラーなどにぶら下げる事になっています。
はじめ証明証は、厚紙をラミネートしたような簡単な物をイメージしておりましたが、渡していただいた利用者証は、結構大きな乳白色のアクリル板に、しっかりその旨が描かれておりましたよ。
「お金が掛かってるなぁ」と思ったのがその印象。
車椅子マークやクローバーマークはホームセンターで販売されていて、誰でも購入できましたが、この利用者証はそれなりの手続きを経ないと交付して貰えません。
我が山梨県だけの制度ではなく、各県に同じような制度があり、他地域発行のの証明書でも相互に使えるそうです。
これもユニバーサルデザインの一貫なのでしょうが、私達にとってありがたい制度だと思います。
尚、継続使用の私の場合、この証明書の有効期間は5年間のようです。

Powered by FC2 Blog