fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


今夜もBGMはハイドンの交響曲、昨夜同様アウストロ・ハンガリアン・ハイドン管弦楽団が演奏するハイドンの交響曲全集からの10枚目。
38番ハ長調『木霊』、39番ト短調、A変ロ長調、B変ロ長調、以上4曲の交響曲を収録。
特に38番はECCO或いは木霊と呼ばれていますが、その訳は第二楽章で第二バイオリンが弱音器を付けて演奏し、第一バイオリンの木霊のように聴こえる事からだそうです。
こうやってハイドンの交響曲で寛いでいるわけですが、昨日書き込みましたように、長野県の事業所を取締役の部長さんと一緒にISO9001システムの内部監査員として内部監査に出かけましたよ。
本来なら部下である私が運転するのが当たり前なのですが、私が運転するのが怖いと云った塩梅で部長さんに往復とも運転していただきました。
拙宅北側の名峰
各サムネイル画像供、クリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます。
これは道すがら撮影した、拙宅の北方にそびえる、左から「茅ヶ岳」観音峠をはさみ「曲岳」舛方山など幾つかのピークを挟んで、黒富士、その奥に白く雪を頂いた金峰山などの名峰の数々。
元気な頃は良く登った懐かしい山々。
鳳凰三山から甲斐駒
こちらは西にそびえる鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳ですが、今日の甲府盆地はメチャ空気が澄んでいて遥か彼方までよく見えるのですよ。
気温は氷点下を僅かに下回った程度でしたが、風がとても冷たく感じました。
近くと言っても拙宅から2キロメートル以上離れたサービスエリアの高速バス停まで歩き、そこから添乗しました。
久しぶりにこれだけの距離を歩くと、膝が痛い上心臓にも負担が掛かりましたが、なんとか到着。
途中野辺山の気温は朝夕供マイナス7℃でした。
昼頃、目的地に到着し16:00頃まで内部監査を行なったわけです。
冬の欅並木
こちらが内部監査をした長野県の事業所。
この町の景観名称に指定されている敷地内の欅並木ですが、暫く前まで色づいていたであろう葉もすっかり落ちて、冬ざれた風景です。
帰路も再び同じサービスエリアで部長さんと別れた後、拙宅まで歩こうかと思いましたが、二男が帰宅しているだろうと思い彼を呼び、迎えに来てもらった次第。
下肢を始め相当なお疲れモードですが、明日は再び勤務先に出社しますが、内部監査の纏めやら、雑多な仕事が溜まっていることでしょう。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog