fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


今夜もBGMは、べとべんさんの交響曲第9番ニ短調作品125合唱付き。
演奏は、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏のCD。
カラヤン
元々はアナログレコード用の録音テープだったのでしょうが、それをCDに納めたと思われます。
CDなら、この曲の演奏がちょうど納まるようにカラヤンがアドバイスしたと云った逸話が残ってるくらいですからね。
どうして、そこに拘るかと云うと、当時第九のLPレコードでは、第三楽章の途中でA面からB面にひっくり返すのが普通でした。
昨夜紹介したベームのLP等を除いてなんですけどね。
多分CD登場直後のCD化したものでしょうが、66分程度の録音時間、74分のCD録音時間よりだいぶ短いですね。
ベーム・ウイーンフィル(72分)に比べて、やはりテンポが早いような気がします。
ソプラノ:グンドゥラ・ヤノヴィッツ、ヒルデ・メゾ・ソプラノ:レッセル=マイダン、テノール:ヴァルデマール・クメント、バリトン:ヴァルター・ベリー、合唱:ウィーン楽友協会合唱団、録音:1962年10月ベルリン、イエス・キリスト教会、以上だそうです。
小さなサンタさん
クリックすると可愛いサンタさんを大きな画像でご覧いただけます。
そして、今夜はクリスマスイブ。
1歳6ヶ月の孫と一緒にクリスマスの夕食、娘の彼氏も一緒。
お赤飯を箸で食べてるんだね。
小さなサンタさん可愛いね。
カラヤン指揮ベルリンフィルの次、明日は誰の第九にしょうかな???。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog