fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


寒い朝

昨日投稿した桃の花の画像を撮影した甲州市、アメダスによると氷点下まで気温が低下したようです。
勤務先周辺にある『秘密の花園』と勝手に呼んでいる、狭いカタクリやアズマイチゲの自生地を訪ねようと、寄り道をしましたが、肝心の花を発見出来ませんでした。
遅霜の朝
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
なんと、日陰は遅霜が降りていました。
桃の花が開き始めましたが、この冷え込みで満開の桃源郷が見られるのも、暫く後になりそうですね。
昔の果樹農家さん達は、こんな霜降がありそうな夜明け前、一斉にタイヤを燃やして気温を上げて霜を防いでおりました。
その代わり、空はタイヤの煙や悪臭が立ち込めてしまい、煤で洗濯物が汚れるやらもうタイヘンでした。
勿論苦情が殺到したようですが、お百姓さん達は心が強い(笑)のか、平気でしたね。
さすがに今となっては、そんな事をしたらタイヘンなので、タイヤも燃やさないようになりました。
尤も、その頃から滅多に遅霜が降りることも少なくなったようです。
やっぱり今年は寒いのでしょうか、私は今夜もストーブに火を入れて暖まっています。
桃の梢は春
霜が降りた果樹園でも、桃の木の梢に花が咲いていました。
青空にピンクの桃の花、とても綺麗でしたよ。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog