fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


久しぶりにエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト作曲のバイオリン協奏曲を聴いています。
もう、メチャロマンスの映画音楽、って雰囲気バリバリ。
でも、かのハイフェッツが好んで弾いたとの逸話があるくらい、テクニックを持ってすれば、とてもチャーミングな曲。
今聴いているのは、ギル・シャハムのバイオリン独奏、アンドレ・プレビン指揮ロンドン交響楽団。
コルンゴルト、バーバーバイオリン協奏曲
20世紀のバイオリン協奏曲としては、とても親しみやすいチャーミングな曲。
こんなバイオリン協奏曲特に第二楽章を恋人と一緒に聴けたら良いよねぇ。
チャイコンやメンコンの様な、劇的な面白さこそありませんが、名バイオリニストの手に掛かれば、凄い演奏が聴けますよ。
特に第三楽章なんて、まるでハリウッドの映画音楽みたいだし、もう超絶技巧のオンパレード。
コルンゴルトさん、指揮者のアンドレ・プレビンさんと同様、ハリウッド映画の音楽を作られていた事もあるとか。
カップリングされたバーバーのバイオリン協奏曲も一聴の価値あり。
二人目の孫が産院を退院し、帰宅しました。
クリックして頂くと、二人目の孫を大きな画像でご覧いただけます(笑)。
二人目の寝顔
長男のフェイスブックから拾ってきました。
我が孫ながら可愛いです。
因みに、一人目の孫は両親のもとを離れ、我が嫁と一緒にダブルベッドで就寝中。
私と猫のミーはベッドの下に追いやられ、一緒に寝ております。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog