fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


サワギキョウのお話のついでに有毒植物について調べてみましょう。
ナス科、キンポウゲ科、ユリ科、サトイモ科、などの植物には有毒な物が多いそうです。
ナス科なら、ヒヨドリジョウゴ、ワルナスビ、タバコ、ハシリドコロ、等有名ですよね。
ご本家たるナスにしても、その親戚トマトやジャガイモに至っても、有毒部位が有るわけで、気をつけましょう。
皆さんが知ってるジャガイモの芽、緑色に変わった皮の周辺や茎、未熟なトマトもやばいそうです。
トマトやナスの葉も有毒だと云われています。
キンポウゲ科、言わずと知れたトリカブト、イチリンソウ、オキナグサ、などイッパイあります。
ユリ科、怖いのはスズラン、チューリップ、は特に注意した方が良さそう。
八百屋さんにならぶ葉ネギやタマネギだって、人間は兎も角、犬や猫たちには有毒らしいですね。
ペット達と一緒にハンバーガーを食べるなんてとんでもありません。
以前一度取り上げたことがありますが、スズランのお話。
庭に植えたドイツ・スズラン(栽培種)と違い、高原で咲く野生種の場合、それ程密集していません。
特に牧草地では、ポツンポツンとスズランだけが良く目立ちます。
これは、牛さん達がスズランに毒があることを知っているので食べないから、よく目立ってるんだそうですよ。
スズランを焼酎に漬け込んだら、香りの良い果実酒ができるなんてコト考える人がいらっしゃったようですが、とんでもありませんからね。
アルコールで有毒成分が抽出されてしまいます。
もう一つ気を付けなきゃならないのは、人によって常時服用している薬によって、気をつけなきゃならない植物があるってこと。
有名なのは、ハーブにも用いられる、セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)です。
この薬効植物を摂取した、私のようなワーファリンを処方されている患者では、その抗血栓作用が衰えるため、危険なんだそうです。
リンゴや梅等のバラ科の種子には、シアン系の物質が含まれているので、それらの種子も食べないほうがよさそうですよ。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog