fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


先週から始めた夏限定アイテム、喫茶きまぐれ謹製『水出し珈琲』は大好評。
チョット贅沢なアイスコーヒーなんですよ。
通常アイスコーヒーに使われる専用ブレンドや焙煎ではなく、気持ち深入りにしたブラジル#2、マンダリンG1、等をテキトウに、きまぐれにブレンドした物。
昔お世話になっていた、今はなき塩山市の喫茶店「イタリア」のマスターが通常店で使うブレンドをそのまま「ダッチ珈琲」として、アイス珈琲に供しておられました。
私としては、ガムシロップ等を用いずとも、飲めるような香り高いアイス珈琲が理想なんですよ。
水出し珈琲は大好評
サムネイル画像をクリックして頂くと、大きな画像でご覧いただけます。
この専用サーバーで約1リットルの水出し珈琲を作ることができます。
今夜は、ブラジル#2をベースにメキシコ、キリマンジャロ・キボーAAを加えましたよ。
サーバーの首元あたりに白っぽい物が見えますが、これが挽いた珈琲豆を入れるストレーナーです。
この中に80gの豆が入るそうですが、実際はもう少し入るような気がします。
いつもジェネカフェで生豆で200グラムgづつ焙煎しておりますが、焙煎後これが160g程に成ってしまいますから、だいたい一度の焙煎で2回分程の水出し珈琲を作ることができます。
さて、この水出し珈琲を商売として成り立つようにするにはどの位の対価を頂くべきか考えましょう。
生豆100gで、一回1リットルの水出し珈琲を作るとすると、200mlづつなら5杯。
生豆100gを200円と考え、焙煎用の電力料金を15円、私の人件時給2000円で約1時間、設備償却費100円??。
冷蔵庫の電力も少しだけ考えると合計5杯分で、2,320円。
200mlなら約460円でしょうか。
私の人件費が高すぎるって!。
だって仕事なら、このぐらい頂かないと生活できませんよ(笑)。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog