fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


台風15号がやってきました。
正式なお名前を『コンレイ』さんとおっしゃいます。
カンボジア語で『伝説の少女』なんだそうです。
コンレイさん
画像は気象庁様からお借りしましたが、サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
先のヤギさんやリーピさん達も、地域的に豪雨による多くの被害をもたらしましたが、幸い我山梨まで影響を与えることができず、今年の少雨傾向が止みませんでした。
早くもコンレイさんがもたらす、南方からの湿った空気によって秋雨前線が活発化して、いつもの様に各所に激甚的大雨をもたらしているとの報道があリました。
台風の予想経路を見る限り、山梨を来訪される頃には、相当弱ってらっしゃるようで、期待通り適宜な雨をもたらして頂けるかどうか不安です。
以前も書き込みましたが、山梨での台風被害は昭和41年郡内地方特に足和田村方面を襲った台風26号が大きな災害でした。
尚、全県的に大きな被害が有ったのは、昭和34年の7号台風の被害です。
まだ私が4歳だった頃ですが、その恐ろしさを子供ながら覚えています。
扉や窓が全て吹き飛んだ家屋の事などを断片的に記憶しています。
当時から50年以上の年月が過ぎようとしていますが、用心に越したことはありません。
昭和41年の台風26号、同34年の7号台風、いずれも今回のコンレイさんのコースとは違い、南側から富士川筋を北上して来た台風でした。
数十年に一度ですが、このコースを辿る台風には気をつけねばなりません。
恵みの雨となるように伝説の少女!コンレイさん、ほどほどの雨をお願いしますね。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog