fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ


ビールに付いて

ビールに付いて、本来アルコール類ご法度の身の上たる私が考えるビールについてお話したいと思います。
ビールって本来煙突が見える範囲で、その工房独自のビールを味わった物と云った説もあります。
そう、ビールは他のお酒と違い、鮮度が命なのだそうです。
それでも近代食品の瓶詰めや缶詰の技術が向上して、品質の優れたビールを津々浦々のド田舎に棲む私達も味わうことが出来る事は、とても喜ばしいこと。
だけど、瓶入りはそのままグラスに移して飲めるけど、缶ビールはプルトップを引っ張って呑むのが、本来の姿のはず。
360缶や500缶なんて、ビールグラスやジョッキと全く同じなんだから、そのまま呑めば良いのに、ワザワザグラスに注ぐって、可笑しくありませんか。
缶ビールって、元々アウトドアでもビールを味わいたいが故、作られたんでしょうねぇ。
それがいつの間にか、ビール本来の供給方法に替わってしまったのが情けない。
缶ビール容器は、アルミ缶。
アルミ缶に用いるアルミ地金の精錬は、殆ど他の電力が安い国で行われます。
いくら国産と銘打っても、アルミ缶の元は全てベトナム等の水力発電電力が豊かな国の産物。
アルミ缶は、半端じゃないくらい電力を消耗する容器なんですよ。
やっぱり、ビールは瓶入りに限ります。
王冠の上をコンコンと軽く栓抜きで叩き、おもむろに王冠を開けてグラスに注ぐ芳しいビール。
絶対に缶ビールじゃ味わえない味だと思いますよ。
でも、各言う私自身、どくたーすとっぷ故、呑めないのです(泣)。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog