FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


今週末予定が立て込んでいるためや、コロンビア系の豆の発注を忘れていたこともあり????今夜もモカイルガチェフとグァテマラHSBの焙煎となりました。
グァテマラSHB焙煎中
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
こちらが現在使用している家庭用珈琲豆焙煎機のジェネカフェと云う装置です。
電力消費量1,300Wのしたたかさと、この装置を使用している間は換気扇もフル稼働。
とても環境に良いとはいえませんねぇ。
モカイルガチェフ グァテマラSHB
先ず第一ラウンドはモカイルガチェフを200g235℃で18分とシティロースト辺りでしょうか。
続けてグァテマラHSBも200g同じく235℃で17分30秒ほど、焙煎後の豆に僅かですが油分の滲みを感じますから、やはりシティからフルシティになりそうです。
やはり、珈琲依存症に陥っているようですから、本来ならインスタントコーヒーで沢山なんですが(現に務先ではインスタントのみ)、やはり少し拘ってみたいのですよ。
大好きなモカイルガチェフが望み通りの味と香りに仕上がった時、それは真に至福の一時なんです。
同じ焙煎度合いの豆を使っても、お湯の温度、豆の挽き方、そして何よりその時の気分によって、珈琲の味が違うように思えます。
手網焙煎の頃を含めると20年以上自家焙煎を続けていますが、中々期待どおりの焙煎ができません。
やはり、専門家の方々に比べ何処か甘えがあるのでしょうね。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog