fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


今夜は居間のストーブに火が入っていません。
チョット肌寒さも感じますが、この部屋と居間のと温度差がないので、のんびりピアノ曲を流しております。
朝某半国営放送局のFM番組のイントロクイズで、ショパンのエチュードの別れの曲とシューマンのトロイメライの冒頭2音が殆ど同じように聴こえたのにビックリ。
正解は別れの曲だとの事。もちろん私はトロイメライだとばかり思っていましたけど(笑)。
私の音楽知識なんてそんなものなんですよ。
昨晩は、ドミトリー・ショスタコービチさんのピアノ曲を取り上げましたが、今夜はアレクサンドル・スクリャービンさんなんて如何でしょう。
こんな久しぶりに穏やかな春の夜に相応しいと思います。
通常神秘主義の権化のように云われるスクリャービンのピアノ曲ですが、神秘主義に傾倒する以前はショパン真っ青な滅茶ロマッティックなピアノ曲が残っています。
スクリャービンのエチュード
ナクソス盤ですが、このCD一枚で彼のエチュードを全曲聴く事ができるお得感あふれるアルバム。
エチュード OP.2 No.1(1889)
12のエチュード OP.8(1894 - 1895)
8つのエチュード OP.42 (1903)
エチュード OP.49 No.1(1905)
エチュード OP.56 No.4 (1907)
3つのエチュード OP.65 (1912)
ピアノ独奏:アレクサンドル・バレイ
もちろん、本当の練習曲ではなく、演奏会用の曲だそうですね。
私の個人的趣味から云うと、8つのエチュード OP.42が好きです。

youtubeにOp.8-12が有ったので張っておきます。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog