fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


今夜も小雨が舞いながらも春の夜と云った塩梅です。
石油ストーブ一つで居間とキッチンが同居しているような長細い部屋が暖かくなります。
嫁は、ママさんバレーの練習に嫌だ嫌だと言いつつも喜び勇んで出掛けており、子供達も遅いようで今拙宅に居る哺乳類たる生き物は、犬のカイ、猫のミー、そして私だけ。
こんな夜に気を良くして、今夜聴く音楽も手持ちのCDから昨夜のエチュードに続きアレクサンドル・スクリャービンのピアノ曲集から。
今夜取り上げるのは前奏曲です。
スクリャービンスクリャービンのプレリュード1枚目表 スクリャービンスクリャービンのプレリュード1枚目裏
こちらも昨晩紹介した 同様ナクソス盤ですが、こちらが前奏曲集第1集、そしてもう一つの前奏曲集第2集が販売されています。
エフゲーニ・ザラフィアンツさんと仰る方のピアノですが、物凄く情感豊かと云うか、官能的なピアノの音色なんですよ。
ライナーノーツも画像で掲載しました。
曲目は、
3つの小品第2番前奏曲ロ長調作品2-2(1889)
2つの左手のための小品第1番前奏曲嬰ハ短調作品9-1(1895)
24の前奏曲作品11(1888-1896)
6つの前奏曲作品13(1895)
5つの前奏曲作品15(1895-6)
5つの前奏曲作品16(1894-5)
7つの前奏曲作品17(1895-6)

作品11から岩野めぐみさんの演奏を貼っておきます。
ショパンとチョット違うのが判りますでしょうか。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog