fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


韮崎市のアメダス地点近くに有る谷戸に咲くアズマイチゲを一年ぶりで観に行きました。
10:30頃の気温は13℃程と、文字どおり春の暖かさで、薄日ながら柔らかくアズマイチゲに降り注いでいます。
お蔭で彼女達もやっと花弁を開いてその清楚な姿を露わにしています。
アズマイチゲ0329 アズマイチゲ0929-1
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草、学名はAnemone raddeana、学名で判ると思いますが、アネモネの仲間です。
おそらく昔は何処の谷戸にも咲いていたと思いますが、今やこの山梨県でも絶滅危惧種Ⅰ類とされ、とても少なくなってしまいました。
毎年ここで観察していますが、特に保護されているわけではなく、普通に耕作されている段々畑の法面に咲いています。
昨日も掲載しましたように、一応ご近所の方を通し、この植物の重要性やこの田畑が如何に自然にやさしく耕作されている事を告げ、今までどおりの耕作を続けて欲しいとお願いしてあります。
下手に看板や保護ロープなんか張って、保護なんかしたら直ぐに盗掘や踏み荒らしに遭っちゃいますからね。
長年耕作されていた土地所有者ですら、全くこの花が咲いている事なんか知らなかったそうです。
お姫様の蕾みは固く
そして、皆様ご存じカタクリのお姫様のお出まし。
だけど、まだ蕾は固く閉じていて、あと一週間位してソメイヨシノが満開を告げる頃花を開くかもしれません。
ここも上記のアズマイチゲの自生地から数十メートル離れた場所ですが、谷戸の奥に祀られる氏神様の近くです。
一年中地下水が浸みだしていて、半日蔭の耕作には全く適さない処。
だから水や豊穣をつかさどる氏神様を祀り、土地や住民の繁栄を願っているんでしょうね。
割と有名なカタクリ自生地のため、踏み荒らしや盗掘も多いのですが、それでも毎年可憐な花を観る事ができます。
春の八ヶ岳
谷戸をあとにして北を仰ぐと春霞の中に雪が残る春の八ヶ岳が浮かんでいました。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog