fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


ガビチョウ

ガビチョウ、兎に角ウルサイ鳴き声の鳥です。
まあ、人によって鳥のさえずりも心地良かったり、悪かったりするのでしょう。
昨年辺りから、勤務先の庭木にこの鳥がやってきては、朝から夕方まで、それこそ「のべつ幕なし」でケタタマシク鳴いております。
youtubeからガビチョウの鳴き声を張っておきます。

隣の席の同僚女性は「良い声だねぇ、何て鳥??」「ガビチョウと云って特定外来生物に指定されている悪い鳥」と答えると、「へーそうなんだ。」
同年代のもう一人は、私同様「ウルサイ」と感じるようです。
朝早くから夕方まで、あの大きな鳴き声を聞かされた日にゃ、頭にくるのですよ。
元は鳴き声を楽しむために南方より輸入した鳥が、逃げ出したり放鳥されたりして増えたようです。
里山に棲みつき、在来鳥類の活動を阻害する事があるそうです。
現在、宮城、福島、茨城、群馬、埼玉、東京、山梨、神奈川、長野、福岡、佐賀、大分、熊本の12都県で繁殖が確認されています。
このような特定外来生物には、ブルーギル、ブラックバスも指定されています。
そして、今や全国津々浦々の沼や池にミシシッピアカミミガメが棲みつき、在来種のゼニガメやクサガメを追いやっています。
未だミシシッピアカミミガメは特定外来生物の指定を免れていますが、いずれ指定される見込みだそうです。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog