fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ


Amazonさんのコンピューターと云うか、データなんでしょうが、どうして私はそれに乗せられてしまうのでしょうねぇ。
グルダ最初のべとべんソナタ全集をどうしようかと迷い、結局止めたのですが、その後この手の古いピアノ曲を収録したCDのご案内が、例の如く沢山来るワケ。
51X1Mh+ZbNL.jpg
10枚纏めて1,000円から2,000円程度の金額。
グルダ、ギレリス、リヒテル、ベルマン他、そうそうたる一昔も二昔も前の超人的ピアニストの演奏ばかり、しかも全てライブ録音ったら、どうしましょ。
結局ポチッちまった次第なんです。
以前から沢山購入しているドキュメントレーベルから出ているCDなんですが、安かろう・悪かろう、じゃなくコストパフォーマンスは凄いの一語。
お陰様で、いくらCDを聴いても、未聴盤の山は堆くそびえるばかりです(笑)。
今を去る40年以上昔、10代の頃アルバイトで稼いだ、なけなしの金で買ったイムジチの四季(フェリックス・アーヨ)全曲スコアが付いていましたね。
そして一緒に手に入れたのは、ワルター・コロンビア響によるブルックナーの9番でした。
レコード一枚が2,000円なんて、考えただけでもゾッとする金額でした。
二年ほど前、ワルター・コロンビア響とニューヨークフィルによるマーラー(全曲じゃないけど)も7枚組セットで1,500円程でした。
殆どレコードで所有していましたが、2番と4番そしてさすらう若人の歌が無かったので購入した事もありました。
以前投稿したようにYoutubeをググれば、相当レアなクラッシック音楽も聴く事ができます。
良い世の中に成った反面、コアな客層相手の田舎のレコード屋は廃業に追い込まれてしまうようです。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog