プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


私も元気だった二昔も前の事、行きつけのトンカツ屋がありまして、600g程の極上ロースをぺろりと平らげたものでした。
店の御主人は私の事を知ってるから良いんだけど、知らないホール係の人など、注文するトンカツの巨大さを知ってるだけに私の体を心配しておりました。
勿論、ご主人が出てきて『この人は、大丈夫だよ』と言っておりました。
土日など、店が繁盛して材料となる豚肉が少なくなった頃など、『お前に食わせる肉はねぇから、土日は来るな、その代り週日なら幾らでも食わしてやる』なんて言われた事がありました。
そんな調子だから、普通のお客さんも食べ残す方もいましたよ。
それを見て、私は心底勿体ないなぁと思ったものでした。
『私なら、あのくらい全く平気なんだけどなぁ』ってね。
尤も今は、できるだけ小食にしてますけどね。

続きを読む »

スポンサーサイト

みんな生きてる!

昨今、若者による殺伐とした事件が多いとか。
学校や家庭で、命の大切さ、どんな生き物にもその命がある事を教えなかったのでしょうか。
人間以外の生き物たちは、食料を得るために他の生き物を殺すのは、己が生き延びるための最小限にしています。
それは、彼らの体に宿っている原生動物の頃から培われた、知恵なんでしょうね。
一つの種の生き物だけが数を多くして栄えても、やがてそれに見合う食料としての他の生き物が足りなくなり、やがて自然にバランスが保たれるそうです。
弱肉強食に見える野生動物の世界でも、そのルールは守られ、一つの種だけが抜きんでて多く成る事はありません。
しかし、

続きを読む »

今日の終業後は、勤務先の労組定期大会でした。
組合員も30人居るかどうかの小さな労働組合です。
今や某大手持ち株会社が親会社なので・・・・・・小さくても組合ぐらい無いと・・・らしい。
一応春闘なんて事もありますが、そこは全て話し合いで円満にね。
自分たちが稼いで儲けを弾いているんだから、経営内容だって自ずから判ると云うもの。

続きを読む »

今朝の某半国営放送局のFM放送、毎週行われているイントロでその曲名を当てるコーナーの出題。
私のような偏った音楽ファンの場合、通常俗に云われる名曲成る物は余り良く知りません。
でも、今日の出題の回答は直ぐに解りましたよ。

続きを読む »

お暑うございます

この言葉が『おはようございます』『こんにちは』『こんばんは』の代わりに使われる季節です。
今日の全国最高気温ですが、山梨県大月市で38.8℃を記録したそうです。
因みに県内の勝沼で37℃、甲府で36.9℃を観測、これら県内3地点が今日の暑い地域トップ10に名を連ねていましたよ。
昨日お知らせいたしましたように、昨夜孫二人が拙宅にて初のお泊り保育中。

続きを読む »

嫁に文句を言われつつ部屋の片付けをしましたよ。
お陰でパソコンデスクからステレオセット、ピアノまで自由に移動出来るようになりました??????。
以前PCー98とプリメイン・アンプを繋いでレコードをCDRにコピーしていた事を思い出し、YOUTUBEの音楽をアンプに繋いで見ようと試みました。
デスクトップだと大げさなのでノートを使ってみました。
消費電力の事もあり、ノートはDELLのVOSTORO1000のVISTAーPROを利用。
PCのヘッドフォン端子とアンプのPB端子を繋ぎまして・・・・・??。
もちろんYOUTUBEの録音状態にもよりますが、馬鹿にできない音質なんですよね。
暑い一日も日没が近づく頃には、涼風も入り韮崎アメダスも29℃台まで低下、甲府はまだ暑そう。




続きを読む »

あじーぃ!

今日の甲府市の最高気温は、37.7℃だったそうです。
21:00を廻った今も29.6℃とたいへんですね。
勤務先の納涼会から先ほど帰宅し、韮崎のアメダスを調べると、最高気温34.9℃と甲府と違い、あと一息でしたが猛暑日にはならなかった模様。
それでも21:00の気温は27.0℃だそうです。
昨夜の同時刻の気温は25.1℃でしたから、やはり今夜は暑いのですねぇ。

続きを読む »

旧い友人から暑中見舞いが届きました。
私同様一年中フィールドワークに明け暮れていた友も、やはり歳には叶わない様子。
やはり網膜剥離に罹患したとの事。
それでも、いまだ思い機材を抱え銀塩写真による撮影を続けているようです。

続きを読む »

朗報がありました

今日某半国営放送局のお昼のニュースをみておりましたら、心臓移植以外治療法が無いと云われている重い心臓病である『拡張型心筋症』を2年前から罹患している11歳の女の子に対し、彼女の腿の筋肉の一部から培養したシート状の組織を心臓に直接張ると云う手術により、心臓機能が一部改善したそうです。

続きを読む »

きょう22日11時、気象庁から関東甲信地方が「梅雨明けしたとみられる」と発表されました。
いつものように拙宅に近い韮崎のアメダスデータによると、今日の最高気温は、13:38に、32.1℃、最低気温は、4:54に20.4℃だったそうです。
20:00の気温は既に24.6℃まで低下しました、こちらは当分熱帯夜になりそうもありません。
7月21日18:00の天気図 7月22日18:00の天気図
昨日の天気図と比べてみましょう。
左が昨日21日そして右が今日22日何れも18:00の天気図を気象庁からお借りしています。
夫々のサムネイル画像をクリックしていただくと、大きな天気図をご覧いただけます。

続きを読む »

今日は連休最終日、韮崎のアメダスによると、最低気温20.2℃最高気温が29.6℃と何れも低め。
もちろん甲府や勝沼の最高気温は、共に軽く32℃オーバー。
韮崎は、盆地の東西縁の傾斜地、勝沼は東縁の傾斜地。
つまり、韮崎より勝沼の方が西日を強く受けるから???、甲府はすり鉢の底だから暑いわけ??。
昨日も甲府や勝沼方面は雷雨が酷かったらしいのですが、当地はチョット雨が舞った程度で、昨夜の自治会主催のお祭りや夜店も予定道理開催されました。
さて、今日のテーマは『梅雨明け』

続きを読む »

土曜日休みなので、今日日曜は連休中日。
先ず、猫のミーをペットクリニックに連れてゆくため、大騒ぎをして捕獲。
体重3.4㎏と2月前よりわずかに増加し飼い主としては一安心、慢性腎不全猫用キャットフードの摂取量が少なかったんですよ。
さあ、次はご近所里山のオオムラサキ達を探しましょう。
吸蜜中です ボケボケだけど男の子

続きを読む »

シューベルト

今朝焙煎した珈琲豆は、コロンビア・クレオパトラ・エクセルソ。
コロンビア・クレオパトラ・エクセルソ
盂蘭盆会も近い事ですし、春彼岸以来菩提寺の墓所の掃除に出掛けました。
菩提寺は、無住の寺で近くの名刹の住職が兼任していますが、お墓の管理まではできないので、各檀家が掃除します。
恐れていた開墾が必要な荒れ果てた状態ではなく、簡単に草取りと云った塩梅。
菩提寺近くのヤブカンゾウ
このヤブカンゾウは、名前の通り墓地裏手に面する信玄堤の藪にさいていましたよ。
そして孫達がやって来て・・・・・・・。

続きを読む »

らふまにのふ

夜も21:00を廻り、蒸しゞとした今日の昼が嘘のように夜風が体を撫でてゆく。
いつもの韮崎アメダスによると、気温は約24℃ですが、微風が有るので少し涼し過ぎるように感じます。
今夜は、ラフマニノフ作曲ピアノソナタ第2番変ロ短調作品36。
ピアノ協奏曲第2番は、滅茶苦茶ポピュラーになりましたが、他のピアノ独奏曲はそれ程聴かれていないようですね。
しかもこの曲、まるでブルックナーの交響曲のように、幾つかの版があるそうです。
初稿の1913年版、そして1931年に改訂版が出版。
そして、何れも良しとしない、ホロヴィッツは、自分が編曲したホロヴィッツ版なんてテイクを演奏したり、録音するありさま。
私はどれでも好いと思う、いい加減さで聴いておりますが。
この曲は、誰が何と言ったって、冒頭の畳みかけるようなピアノのアタックと、その後に訪れる優しさあふるるメロディーとの対比が全てだと思う私にとっては、どちらでも良いや!と思うわけ。
幸いYoutubeには、3種類全ての演奏がそろっていますから、そんなことを考えながら比較するのも面白いと思いますよ。

アレクシス・ワイセンベルクの演奏を張っておきます。
もちろん無学な私には、どのテイクなのか判りませんけどねぇ(笑)。

あの頃の想い出

中学生の頃、アルトサックスのリードを、暇さえあれば何時も舐めていたり、トランペットのマウスピースをポケットに忍ばせ、片時も手放さなかった級友達のことを書き込んだ事がありました。
そんな中学のクラブ活動のお話、理科室が大好きだった私、当時から私は植物など生物が好きだったのですが、生物部は女子ばかり、やむなく男子ばかりだった科学部を選ぶ他ありませんでした。
暇さえあれば鉱物顕微鏡で、鉱物の断面を覗き、そこに集まる結晶の美しさに時間の経つのも忘れていたものです。
当時、米国のアポロ計画に触発された???私達は、ロケットを作ってみようなどと、無謀な計画を行っておりました。
ロケットと云っても、黒色火薬を使ったロケット花火的なものでしたが、硝酸カリウム、炭素、硫黄の混和率を変えたり、メタノールをそれに沁みこませたり、火薬の詰め方を研究したりと・・・・。
結局、顧問の教師に火薬取締法に付いて諭され、ロケット花火以上に発展できなかった事がチョット残念でした。
何時か、そんなロケットに乗り宇宙に出て行きたいと云った、某マンガ家さんと同じような志を持っていたメンバーもいて、
彼は、その後その道に進む事になりました。
テレビのニュースで、彼の名を聞いた時、志を忘れなかった彼に感動した事を覚えています。
もちろん、その頃の私は元気一杯だけが取柄でしたから、暇さえあれ一年中野山を彷徨う活動をしておりました。
山梨県知事から『自然監視員』なんてお墨付きをいただき、動植物たちと楽しく遊んでいましたよ(笑)。

今夜のBGMは昨夜に続きヘルムート・バルヒャのバッハ・オルガン全集旧盤から、ファンタジーととフーガを何曲か聴いています。
丁度今流れているのは、BWV578のフーガト短調です。
Youtubeから相応の曲を張っておきます。
時計も22:00に近づき、空け放った窓からは、網戸越しに冷たい夜風が入る頃、今夜選んだ音楽ソースは、ヨハン・セバスチャン・バッハのオルガン作品全集から、オルガン小曲集(オルゲル・ビュヒライン) 、ヘルムート・バルヒャの旧盤によるオルガン独奏。
少し音量を絞って、聴いております。
この6枚目のCDには、BWV599から644までの内、このCDには637までが収録されていて、残りは次の7枚目に含まれています。
オルガン小曲集(オルゲル・ビュヒライン)表  オルガン小曲集(オルゲル・ビュヒライン)裏
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけ、曲目が判ると思います。
何も考えず、更けてゆく夏の夜を惜しみながら聴くこんなオルガン曲も良いと思います。

Youtubeから、全曲の演奏が聴ける処を張っておきます。
こんな演奏をウエブ上で楽しめるなんて、二時間以上掛かるようですが、良い世の中になったものです。
今日の拙宅に近い韮崎アメダスによると、最高気温は、14:00過ぎに32.4℃だったとか。
蒸し暑く感じますが、寒くないのはありがたい話。
現に昨夜窓を開けて寝たのですが、23℃程と就寝頃快適だった気温が、明け方は20℃近くまで低下。
韮崎より拙宅の方が標高も高いため、20℃を割り込んだかもしれません。
今夜現在19:00で24℃程ある上、曇りがちのようですから明朝は今朝より暖かいかもしれません。
18:00の天気図
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな天気図をご覧いただけます。
こちらが気象庁からお借りした、今夕18:00発表の天気図です。
はっきりと太平洋高気圧が勢力を伸ばし、本邦南岸を覆い始めているのが判るでしょうか、梅雨前線も山陰から北陸まで上ってきました。
しかも前線に切れ目もあり、我甲信地方の梅雨明けも近いかもしれません。

今夜のBGMはグリーグの弦楽四重奏曲第一番ト短調作品27ですよ。
この動画より音質も良さげなのがありましたが、画像がチョッチイ???ムフフだったので、画像なしのサイトを張っておきます。
そっち方面がお好きな方はご自由に(笑)そっちをご覧くださいませ。

軍師官兵衛の頃

こんな蒸し々々する夜は、清らかな歌声が良さそう???。
それで久しぶりにバロックマスターワークスからの一枚。
ハインリッヒ・シュッツの宗教音楽を聴いております。
シンフォニア・サクレⅡからCD1枚分の抜粋のようです。
ヨハン・セバスチャン・バッハが生まれる、丁度100年前に生まれたバロック音楽の祖と云われるそうです。
1585年うまれで1672年没との事。
本邦では、安土桃山時代から江戸初期にあたりますね。
昨夜も軍士官兵衛を視聴しておりましたが、丁度そんな時期に当たるのでしょうか。
こんな宗教曲を官兵衛さんも聴いていたのでしょうかねぇ。

Youtubeにシンフォニア・サクレ・Ⅲ作品12がありましたので、張っておきましょう。
こちらは、2時間以上の演奏時間を要す全曲盤のようです。
お暇な方は、いかがでしょう。
蒸し暑い夜も少しは過ごしやすく感じるのではないでしょうか。
フェースブックで回って来たYoutubeの動画をご紹介したいと思います。
私は未だ本編を視ておりませんが、ディズニーの「アナと雪の女王」の一部を各地のお国ことばで、歌ったバージョンがあるそうです。
もちろん、『花子とアン』で全国展開を図る我『甲州弁』もあります。

標準語ではなく、各地域固有の風俗、言語、しきたり他を文化として継承しなければなりません。
テレビやインターネットの影響でしょうが、昨今山梨でも甲州弁を話せない子供が多いと聞き及んでおります。
暫く前まで、方言は汚いとか、標準語に統一すべしと云った議論がありましたが、方言こそ土地々々の皆さんが長年培ってきた文化に他なりません。
お陰様で、今日も孫達を嫁と二人で子守をしておりますが、彼らは片言の甲州弁を使い始めているそうです。
くだらない話かもしれませんが、お国言葉が使えないのは困りますね。
現在の学校教育は、標準語一辺倒で進められております。
小学校で英語教育をするなんて事より、各地元の方言を先に教えるべきだと思う昨今です。
この病気が発覚して9年と6か月が経過しようとしています。
今日は、その拡張型心筋症の定期診療の予約日でした。
血圧:110/80、PT.INR値:2.2と管理値範囲内。
心音他問題なし、だそうです。
今日のクリニック
先月と先々月の通院の際、検査を行なった、通常今頃提出する記入済みのる臨床調査個人票を受け取り、院外薬局で大量の服用薬を処方され帰宅しましたよ。
10:00の予約でしたが、家を出たのが9:30過ぎ、帰宅したのは11:00頃でした。
唯、チョットしたハプニングもありまして、院外薬局で受け取る筈の抗不整脈剤アプリンジン(アプリンジン塩酸塩)が在庫が少なく、10日分足りないのだそうです。
郵送していただけるそうですが、10日分なら残っているので、次回の通院の際不足分を受け取ることにしました。
以前書き込みましたように多くの種類の薬を処方されている上、その服用量も半端じゃないのですよ。
問題のアプリンジンも、服用限度いっぱいの一日6カプセル服用しています(2カプセル×3回)。
30日分で180カプセルですから、10カプセルのシートで18枚、アルミパックで約2パックと大量消費者(笑)。
例の大雪の際、焼津市で足止めされた際、持参した薬が無くなり急遽当地の循環器科を受診し処方してもらいましたが、やはりこの薬が足らなかった事がありました。
普通ならこれ程までの薬量を服用する事は無いようです。

ヤブカンゾウがいっぱい
帰宅する際、拙宅付近の畦道にヤブカンゾウが咲き始めていました。
台風一過、フェーン現象も手伝って流石の私でさえ暑いと感じた蒸しゞの一日。
今日は一日社長のノートと格闘しておりました。
XPノートからセブン・マシンにデータを移行しなくちゃなりません。
一昨日もトライしたのですが、デスクトップの容量が半端じゃないのですよ。
マイドキュメントの量が大したことが無かったので安易に考えていましたが、デスクトップが15G.以上なんて考えられません。
USBでのファイル移動を断念して、LAN経由で移動をしますが、遅いですねぇ。
大量のメールもエクスポート中にメーラーがプッツン。
試行錯誤の甲斐あって、メールの移行ができたと思ったら、2重3重にメールを拾ってるありさまで、結局今日も失敗。
来週社長に頭を下げて、不要なメールを削除してもらわなきゃね。
ついでにデスクトップのシェイプアップも頼まなきゃ困るってね。

何となくピアノ協奏曲が聴きたかったのでYoutubeを漁り、プロコの2番やブラームスの2番や1番を聴き始めたのですが、疲れが増すだけで、楽しくありません。
そしたら、フリードリッヒグルダ御大が弾き振りをヤッテルモーツアルトの20番と26番がありました。
張っておきますから、私同様お疲れモードの方は是非お聴きくださいね。
久しぶりに聴くのはビバルディのチェロ協奏曲。
オーフラ・ハーノイさんのチェロ独奏、ポール・ロビンソン指揮、トロント室内管弦楽団の演奏。
オーフラ・ハーノイ2枚目
・チェロ協奏曲ニ短調RV403
・チェロ協奏曲ロ短調RV424
・チェロ協奏曲イ短調RV422
・チェロ協奏曲ハ短調RV402
・チェロ協奏曲ヘ長調RV412
・チェロ協奏曲ト長調RV414
・チェロ協奏曲ニ短調RV406
何れも3楽章形式で演奏され、1曲約10分程と聴くのも苦になりません。
他のビバルディの協奏曲と違い、それ程有名じゃないのでしょうが、静かに夜聴くのにちょうど良いかも。
5枚組の廉価版ボックスの一枚ですが、一応ビバルディのチェロ協奏曲全集のようです。

何と!、この演奏と思われるオーフラハーノイさんのビバルディ・チェロ協奏曲全集が・・・・・・・Youtubehにupされているなんて思いもしませんでした。
全集だから、一応CD5枚分ねぇ。
もし、よろしかったらお聴きくださいね。
2014年、台風8号の正式名称は『ノグリー』さんと言い、韓国語でタヌキと云う意味だそうです。
ノグリーさん ノグリーさんのおめめパッチリ 宇宙から見たノグリーさん
上の右側の画像、ノグリーさん、雲の渦の中央おめめパッチリで凄いですよね。
左の画像だと、九州を横断して四国から本州太平洋岸を辿るようです。
このコースだと、大雨に対する備えが大事とか。
これら気象衛星や宇宙の上から台風観測が行われていますが、かって、米軍のⅭ-130ハーキュリーズ気象観測機が台風中央の雲の壁を突き抜けて、目の中に入り、台風観測を行っていたそうです。
Ⅽ-130は滅茶苦茶丈夫な輸送機で、荒地でも平坦なら離発着ができるなんて云う凄い機体。
C-130
フライトシュミレーターで横田基地から飛び立つⅭ-130を再現してみましたが、念のため機体は米軍機じゃなく、アラブ系らしい(笑)。
他にⅭ-130の機体が無かったのでゴメンナサイ。
上の左側の画像をクリックしていただくと分かりますが、最大風速30メートル/h、最大瞬間風速40メートル/h、中心気圧970hPaと、昨日に比べるとだいぶ勢力が衰えたようですが、まだまだ大型。
明日から土曜日辺りまで、充分に気を付ける必要がありそうですね。
今日18:00の天気図
今夕の天気図も張っておきます。
台風の進行方向に高気圧が待ち構えていますから、進路が北寄りに変わるかもしれませんねぇ。
夕食は昨夜煮込んだカレーの残り。
通常赤ワインを10%程水と合わせて煮込むのですが、昨日は白ワインだけ手近に有ったため、少し多めに使いましたよ。
そのせいか、いつもより渋みが消えたためか、甘味がほんのりと悪くない出来。
カレーを温め直しつつ、鶏の腿肉が一枚冷蔵庫で消費期限を越えそうになった処を、塩胡椒を振りかけながらフライパンで両面炙り、醤油、味醂、ワイン(本来は赤なのだが、白を使う)を適宜振りかけながら、蒸し焼きにします。
頃合いを見計らって、オールスパイス、セージ、ナツメグ、バジルを加え、ワインと醤油を足しながら煮詰めます。
味醂のほのかな甘みと、スパイスの香りが加わり、ヤバそうな鶏肉も一命を取り留めた模様(笑)。
火曜の夜は、嫁がママさんバレー(ババさんバレー(笑))の練習に出掛けてしまうので、簡単な調理は私がする。
鶏の腿肉は、明日再度加温して子供らの弁当のおかずになる模様。
誰も未だ帰宅しないので、これ幸いと某半国営放送局のFM放送を選局。
嫁が買って来たチキンのフライと前述のカレーを食しつつ、ラジオから流れる曲を聴くと旋律の唄わせ方から、どうもマーラーの交響曲らしい。
途中からなので何番なのか判りませんでしたが第3楽章辺り??で、5番と云う確証を持ったが、やはり第4楽章『アダージェット』が流れ、やはり5番でしたね。

モカ・イルガチェフが今夜の珈琲、安物の小さなラジカセから流れる、途中からのマーラーでも、充分に堪能しましたよ。
「ベニスに死す」、他、「のだめ」の映画にも使われていた美しいメロディー。
全曲聴け!とは言いませんが、一応アダージェットをYoutubeから張っておきますね。
ノイマン・チェコフィル1977の演奏との事。
まあ、お暇なら全曲聴かれる事をお勧めします。
昨今脱法ハーブ等の吸飲や低血糖による発作などにより運転中、重大な事故を起こした事例が多くほうどうされていますよね。
今私が、持病である拡張型心筋症の治療?(温存療法??)のため現在大量の薬を処方されております。
α・β遮断薬:カルベジロール、利尿剤:フロセミド、強心剤:ラニラピッド、そして某半国営放送局によるネガティブキャンペーンで有名になった、降圧剤:ディオバン、抗凝血薬:ワーファリン。
その他、ワーファリンの副作用防止のために服用している、抗潰瘍剤:タピゾール、変形性膝関節症の鎮痛剤として:カロナールです。
各医薬品の効能について、特に生活に注意する事として、以下の事項が列記されているのですよ。

続きを読む »

朝、某民放テレビを視ていると、珈琲の香りがストレス解消に役立ち、飲めば認知症改善の効果も期待できるなんて、カフェイン依存症の私には願ったり叶ったりの朗報。
唯、焙煎は浅い程良いなんてねぇ。
良いもん、どうせ珈琲大量に飲むんだからね。
今まで、赤ワインや珈琲が健康に良いと云われ、赤ワインなんか一時滅茶苦茶売れた事が有ったらしい。
そもそも、日本人には渋くて重い赤ワインは一部の好き者(以前の私のような)が喜んで呑んでいた程度。
納豆とか白インゲンとか色々店頭から一時消えちゃった食品まで有った始末。
大体、赤ワインとか珈琲に含まれるポリフェノールが健康に良いって話、確証もあるらしいけど、赤ワインはそもそもお酒、つまりアルコールが11パーセントぐらい含まれているって代物だから本来有毒。
珈琲だってカフェインが大量に含まれる、云わば有毒食品????。
何れもある程度摂取しないと薬効効果が表れないでしょうねぇ。
珈琲は兎も角、赤ワインは心臓に効くと云われますが、そんなに呑んだら肝臓が壊れそう。
心臓に効くったって、心筋梗塞のような虚血性心臓病には効果があるそうですが、現に私がり患している、突発性うっ血拡張型心筋症もあり、こちらは我身をもって赤ワインが効かなかった事が証明できます。

続きを読む »

本日夕刻より姪の結婚式に嫁と出掛けておりました。
新婦は嫁の兄の長女で、義兄宅は仏教系某大新興宗教を信仰しているので、それなりの結婚式だったのですが、殆ど宗教色をださない「人前結婚式」と評しても良い式でした。
出席者は両家親族のみの30名程、会場も甲府市東部郊外の小さなウエディングホール。
日中の雨も上り、文字どおり雨降って地固まると云った、良好なサマー・ナイト・ウエディングでした。
姪の結婚式

続きを読む »

今夜のBGMもYoutubeから色々聴いていますが、結局プロコフィエフのピアノソナタ第2番ニ短調作品14。
Dinara Klinton(ダイアナ・クリントン???)さんのソロ。
プロコフィエフ好きです。

人生50年、人の寿命が伸びたって云うが、私など50歳前に心不全に陥り結構ヤバい処まで行っていました。
元気で働く方も居られましょうが、50歳頃になると体のあちこちが調子悪くなるようです。
今の私なんか、文字どおり体のパーツに相当ガタがきています(歩くと関節の骨同士が当たり音を立てています)。
拡張型心筋症と診断されてから来年で10年を迎えます。
50歳以降生きてこられたのはオマケの人生なんだと考えれば、良いんでしょうねぇ。
幸い孫達の顔も見た事だし・・・・・・まあ、孫達が成人するまで生きているのはチョット無理がありそうです。
プロコフィエフのピアノソナタなら、一番、そして2番、短いけど3番、戦争ソナタ・・・・・好きなのは結局全部かぃ。
ピアノ協奏曲は全て捨てがたい、そしてバイオリン協奏曲!。
これは絶対第二番ト短調作品63が一番好き。
もう、初っ端からバイオリンが唄いまくるって感じなんですね。
普段聴いているのは、ヤッシャ・ハイフェッツのステレオ録音のレコードですが、今夜はお手軽にYoutubeに有った、ジャニーヌ・ヤンセンさんのバイオリンで聴いております。
もうそのバイオリンの演奏たるや、滅茶苦茶に色っぽい唄わせ方。

プロコバイオリンに比べたら、メンコンもチャイコンも裸足で逃げ出す(笑)もちろん私の個人趣味ですけどね。
30分程度の協奏曲ですが、全く退屈する暇なんてありませんよ。
もしよろしければ、聴いてみてくださいね。
プロコフィエフ、ショスタコービチ、等のピアノ曲をYoutubeでとっかえ・ひっかえ聴きながら、何とも落ち着かない夜。
更に夜は耽るばかりで、悶々とすごしております。
結局今夜身を入れて聴こうと思ったのは、ショスタコービチのピアノ協奏曲第1番、アルゲリッチ、ロストロポービチ指揮のニューヨークフィルライブなんて凄いのが有ったのですが、プッツンしておしまい。
再度、結局見つからないので諦めて、好きなショパンの2番のピアノ協奏曲で、自分自身を誤魔化しちまおうと云った算段。

こんなお嬢さんの弾くピアノソロ、いいですよねぇ。
やっぱりショパンのピアノ協奏曲、誰が何と言ったって、私は2番が好き!

Powered by FC2 Blog