fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


先ほど帰宅途中、某半国営放送局のAM放送で『再生可能エネルギー』について報道しておりました。
当地でも新聞等に掲載された大規模太陽光発電施設からの電力買取を電力会社が制限している問題についての話題です。
電力の固定価格買取制度による買い取り価格値下げの前に駆け込み申請が多く、送電設備の容量を越えてしまう等の問題があるそうです。
特に不安定な太陽光発電電力を安定的に利用するにはどうするかと云った話も有りました。
高効率で大容量の逐電設備が必要とか言われていましたが、そのメインとなるのは揚力発電だとか。
福一の事故による電力不足に至り、計画停電を余儀なくされた折、何も知らぬ前政権(現野党)の当時経産大臣だった方(現党首??)が『電力不足の解消は揚力発電で賄えば良い』云々と、仰っておられましたが、そもそも揚力発電自体、定格運転しかできない原発による夜間の余剰電力を誤魔化すために用意した設備って事をご理解しておられませんでしたね。
これから揚力発電設備をどうやって作るのか聞きたい。
先ず、揚力発電とは余剰電力を使って、ポンプで山の下のダムの水を山の上のダムに揚げ、電力が不足している時に、今度はそのポンプに挟まれた、山の上のダムから下のダムに向けて水を落とし、ポンプを逆転させて発電機として利用すると云った仕組みです。
一見素晴らしい蓄電方法に思えますが、チョット考えてみてくださいね。
八ッ場ダムの事例でも判るとおり、今後新たなダムを建設する事はおろか、建設中のダムでさえ中止に追い込まれるご時世。
そんな折、山の上と下に二つもダムを作ろうったって、建設できるはずがありませんよね。
放送を聴いていましたが、専門家でさえ、その程度だとは、『一寸大丈夫かなぁ?某野党(現在)党首さんとおなじだなぁ』なんてね。
まだ続きます。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog