fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


さあ、小学生の皆さんに環境保護についてお話するのですが、『何でも修理して長く使おう!』と、云う私のポリシーが通じないんじゃないかって、思いました。
現在私が毎日の仕事中も、休みの日でも履いている靴は、ウルバリンのチロリアン。
甲府のエルクで購入後、ビブラムソールを張り替えたり、縫い目の解れを直したりして、早30年以上履いております。
皮革自体まだ全く損傷が無いので、まだまだ履けそうです。
もちろんアメリカブランドの日本製の靴??ですから、丈夫です。
先日叔母の葬儀の折、火葬場で片足のソールが廊下に落ちていて、嫁が私の靴じゃないかって心配しておりましたが、『古いけど今履いているチロリアンシューズは、そんな安物じゃないから大丈夫、きっと誰か偶にしか使わない礼装用の安い靴が古くなってソールが取れたんじゃないの』と、言いましたけどね。
洗濯機が新品同様になりました
こちらも以前紹介した洗濯機、何回も修理して使っています。
本来、家電製品の部品保存期間は、法律によって8年間と決まっているそうで、古くなると修理ができなくなり、それが製品の寿命らしいのです。
この洗濯機は15年以上使っておりますが、現在も毎日何度も洗濯に励んでおります。
画面上部の蓋の部分と他の部分の色が違うのが判りますでしょうか。
同じ型の蓋の部品が無くなり、別の型の蓋を取り付けて貰っています。
次に動かなくなったら、多分もう本当に修理できなくなるかもしれません。
4月の消費税増税の折、電器屋さんの番頭さんと、新しい洗濯機にするか、このまま使うか相談して、結局新しい洗濯機は見送る事になった次第は、当時投稿したとおりです。
心臓部にあたる『モートル』(この木何の木製の電気式原動機はモーターじゃなくてモートルと呼びます。)は、10年ほど前に取り替えましたから、多分まだまだ現役で洗濯をしてくれるはず。
でも、前述のように性能部品の保管期間が8年で終了してしまうので、それが家電製品の寿命なんですね。
政府が自ら使い捨て文化を奨励しているように思うのは私だけなのかもしれません。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog