fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


バーバー好きです!

バーバー作曲弦楽四重奏曲第1番 ロ短調 作品11と言っても知らない方が殆どだと思いますが『弦楽のためのアダージョ』なら結構知っている方も多いと思います。
時折紹介しているサミュエル・バーバーは、20世紀を代表する米国の作曲家ですが、一般には上記『弦楽のためのアダージョ』だけが独り歩きする一発屋のイメージが強すぎるようです。
でも、バイオリン協奏曲なんて、そりゃもうメンコンやチャイコンが裸足で逃げたりしないと思うけど、それ程ロマンチックな美しい曲なんですからね。

Youtubeからバイオリン協奏曲を貼っときますからね。
でも、本題は弦楽四重奏曲なんです。
余りにもその第二楽章アダージョが有名になっちゃって、それ以外の楽章は殆ど演奏されないなんてねぇ。
CDでも、先日某半国営放送局のFMでオンエアーしていた、エマーソン弦楽四重奏団と東京カルテットが辛うじて有るくらい。
a way alone
そんなワケで昨日東京クヮルテットトのCDを某通販サイトからポチッた次第なんですよ。
ジャケ絵もクラッシックだと思えないようなデザインで良いですよね。
ア ウェイ アローンと云うタイトルもね。
東京クヮルテット創立110周年委嘱作品の武満徹さんの曲がそのアルバムタイトルなんだそうです。
多分明日届くんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog