プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ


今日は2月の拡張型心筋症の定期通院日でした。
ワーファリンの効き目を表すPT-INR値は2.1、血圧126/78、心音他問題なしと云った診断結果です。
先月のPT-INR値よりだいぶ低くなりましたが、とりあえず管理値内にあるので問題ありません。
両膝変形性関節障の鎮痛剤として処方されている、アセトアミノフェン系の錠剤が、院外薬局で一部在庫切れとの事でしたが、少し余裕があるので次回の通院の際受け取る事にしました。
さて、現在私が罹患しているメインの病???である、拡張型心筋症は以前より国指定の難病、いわゆる特定疾患ですから治癒する事はありません。
また、現在処方されている多くの医薬品も増えることはあるでしょうが、減ることは無いと思われます。
そのため、いわゆる酒(アルコール飲料)の摂取は生きている限りダメってこと。
今夜も酒に対する恨み辛み・・・・・・

続きを読む »

スポンサーサイト
今日も冬型の気圧配置が強く、半端なく八ヶ岳颪がふきすさぶ、当地山梨県北西部でございます。
こんな『熱燗でキューっと』ね、でも行かないのね。
私にとって禁断の飲料??それは『酒』でございます。
循環器科の主治医から固く飲酒を禁じられているのですよ。
病気の内容もですが、服用している薬の多くがアルコールを飲む事による相乗効果で、相当ヤバい状況になるとか(泣)。
定義的には『アルコールを1%以上含む飲料』と、我が国の酒税法で決められています。
但し、不可飲措置を施した上記飲料は、酒類としてみなされておりません。
不可飲措置は通常『加塩』(酒類に塩を加えて酒として呑めないようにする)作業により、おこなわれます。
つまり、これが料理酒、清酒風調味料、ワイン風調味料、味醂風調味料などがありますよね。
この作業により、これらの調味料は酒からの定義を免れるため、酒税が掛かりません。
料理に使用するのなら、最初から塩分が入っていても、その分塩加減をすれば問題ありません。
味醂は主に料理に使われますが、この調味料は、れっきとした酒に分類されます。
そこで節税措置として、前記味醂風調味料なる物が販売されているんですよ。
もう一つ、料理酒のメリットとして、酒販免許が無くても販売できるって事が大きいんですよ。
どうして私が料理酒に詳しいかって???、もちろん今時の男も料理の一つや二つ造らないとねぇ。
さて、ここからが本題??

続きを読む »

予定より、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモを早く飲んでしまったので、急遽昨日焙煎したのがベトナム産珈琲豆。
知名度は低い珈琲豆の産地ですが、ブラジルに次ぐ輸出量を誇る国だそうです。
主にロブスター系の豆を栽培していると云うことですが、今回焙煎したのはアラビカ系の豆でした。
ベトナム生豆  ベトナム焙煎後
クリックしていただくと大きな画像でご覧いただけますが、左が生のベトナム豆、右がジェネカフェで235℃15分48秒で焙煎したミディアム程度のベトナム豆。
割りときれいに焙煎できましたし、一晩置いた豆を今朝から使っていますが、変な癖もなく酸味も苦味も程々の良い塩梅。
明日にはもう少し味が馴染んで来ることを期待しています。
この豆はストレート珈琲として供される事は殆ど無いそうで、主にブレンド用に使われるとか。
しかも多くのブレンド珈琲のアイテムに入っているそうですが、他の豆より使用割合が少ないので、表示義務が無いので一般的に知られていないとか云々だそうです。
同じくブレンドベースに多く用いられるブラジル等に比べ、あくまで私の私感ですが、私好みの味です。
尚、当喫茶きまぐれは、あくまでネット上の仮想喫茶店ですのであしからず(笑)。
今日は網膜剥離の定期精密検査を受診しました。
結果は、特に問題はないが、左目の白内障が進んでいるが加齢の事もあり、まだ大丈夫だそうです。
昨年暮れの人間ドックで指摘された病変は以前からのものが今回特に指摘されたことにすぎないが、半年に一度程度視野検査を行う必要があるかもしれないので、来週金曜午後視野検査の予約を入れた次第。
某半国営放送局が放送している朝の連続テレビ小説に関し、チョット気が付いた事がありました。
以前も一度取り上げた事ですが、拙宅がある山梨県は全国一の生産量を誇る葡萄産地ですが、それを原料とした葡萄酒つまりワインの産地でもあります。
話は戻り、テレビ小説のお話、海軍の肝いりとしてウイスキーを蒸留しているマッサン達の工場で、葡萄酒から酒石酸を抽出する研究が行われています。
このワインが兵器になると云った件は、前作の花子とアンでも登場したとの事。
葡萄酒の酸味成分である酒石酸カリウムの結晶を使って、潜水艦探知用のソナーの心臓部にあたる圧電素子を作る技術が当時の友好国ドイツで開発され、それを増産するための研究のようです。
とうとう、ウイスキー工場も本物の軍需産業に成ると云った経緯でしょう。
山梨では甲府にある某老舗ワイナリーが、全国から葡萄酒を集め酒石酸を精製するための施設として創業していたそうです。
1945年7月7日から8日に掛けて甲府市はB29による大空襲を受けましたが、当時こんな田舎が爆撃を受けるはずがないと皆高を括っていたそうですが・・・・・・・。
一説によると、米軍はそのワイナリーで製造されている酒石酸プラントを攻撃するために甲府を空襲したとも云われています。
まあ、それらの施設以外にも関連した多くの軍需工場が有ったようですから、重要な攻撃目標だった事も事実でしょう。
平和の象徴(酔ってりゃネ)であろう『酒』までが最先端兵器になるなんて、戦争は本当に悲惨なものですね。
唯、私事ですが、それら軍需工場の動員先で、私の父母が知り合ったと云う????話もあり・・・・・。
『酒石酸カリウムの結晶』の事を聞く度に『何が幸いするか』判らないなぁ』と思うのですよ。
もう直ぐ3月ですね。
4年前の3月11日東日本大震災の日、福一の事故による某電力会社の恫喝とも受け取れる計画停電の折、そしてその後の電力料金値上げの際、人々は皆節電に励み、省電力が進みました。
そう、この私でさえ地元ローカルテレビ局からの依頼を受けて電力料金値上げに対抗する措置について、実例といっしょにお話ししました。
2012年8月の書き込み 電力料金値上げに対抗 この頃、誰もが省電力活動に協力てきでしたよね。
又、一昨年の夏頃、当地山梨を始め各所で雨が降らずに渇水対策に奔走した事がありました。
この時も別の地元ローカルテレビ局からの依頼で、節水対策についてお話をする事となり、この時のテレビ放送は生放送でした。
その時の記事がこちら しどろもどろで生放送 普段文字どおり湯水の如く水をふんだんに使う生活になれてしまった私達も、当時のように渇水になった場合藁をつかむ思いで心配しますよね。
でも、福島の原発事故についても忘れてしまった方も居られるかもしれません。
計画停電、渇水による農作物被害、放射能問題、火山災害、そして大規模地震災害。
絶対に忘れないようにしないといけません。
『喉元過ぎれば熱さを忘れる』と云ったことわざのとおり、視ていないテレビを時計代わりに使ったり、必要以上に特売の食品を買い込み、食べきれず粗末に廃棄していませんか。
水を無駄にしていませんか。
必要以上に冷暖房を使っていませんか。
これからも私がテレビで活躍しないで済むと良いのですが(笑)。
今日の韮崎アメダスによると、最高気温は19℃まで上がったそうですし、最低気温も6.6℃と暖かかったとの事。
でも私にはまだ寒いのですよ。
今日は気温が上がりましたね
こちらが気象庁からお借りした今夕の天気図だそうです。
南岸低気圧と違い、日本海側を進む低気圧に向けて南風が吹き込み、気温があがるのだそうです。
これが春一番と云われるようですが、今日はまだだったようですね。
勤務先では、皆暖かいと云う事で暖房が止まってしまいまして、寒がりの私は一人防寒ジャンパーに包まり、震えておりました(笑)。
それでも天気の移り変わりがだいぶ早くなりましたから、もう直ぐ春になるんでしょう。
当地の場合、それは突然やって来て、気が付くと初夏を思わせる気候となり冬が去って行きます。
間も無くシュンランも花芽を延ばす頃、私同様、アズマイチゲやカタクリも今か今かと暖かな日差しを求め待っている事でしょう。
孫が自転車に乗れるようになりました。
これは長男の嫁がSNSにアップした動画の一部をキャプチャーした画像ですが、上の孫がクリスマスプレゼントに用意した子供用BMXを乗りこなしているようすです。
サムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧ください。
彼は、現在3歳8ヶ月ですが、結局補助輪を付けずにペダルを漕いで走る事ができましたよ。
今まで3輪車不要論をうったえていた私ですが、幼児にペダルを漕いで動かすと云う動作を覚えさせるには、本当に三輪車が必要だったと云う事が実証されてしまいました。
三輪車デビューは、2月15日ですから、まだ8日程過ぎたに過ぎません。
この短期間でペダルを漕いで進むと云う動作を覚えたのは我孫ながら凄いの一言。
これまで一昨年のクリスマスに同じくHALOのキックバイクを与えたので、これでバランス感覚を覚えた事が幸いしたものと思われます。
下の孫も間もなく2歳になります。
この子が今度はキックバイクと三輪車を使い、兄同様一緒前の自転車乗りに成る事を夢見る爺さんの私です。
さあ、後一年ぐらい経ったら、BMXプロショップ・シーガルに相談して、もう一回り大きいフレームのBMXを用意する必要がありそうです。
当分爺さんは倹約に努め、孫達のために頑張りましょう(笑)。
昨日投稿しましたように、今日は甲府市ボランティア・NPOセンターで開催された「こどもの広場」に「やまなし環境カウンセラー協会」として出展しました。
昔のおもちゃ作りやゲーム大会など、お子さん達が喜ぶような催事がたくさん有って楽しいイベントですが、私達のようなジミー・・・な環境保護のお話なんて、楽しいわけがないのです・・・・が??。
誰も来ない  お隣は盛況
上の画像クリックしてみてください、左が私達環境カウンセラー協会、右が割箸鉄砲や風車などの昔から伝承されている手作り玩具の工作体験コーナー。
遊びだもの、楽しい方が良いもんね。
やっと、お客さん  少し賑やかに
それでも、お隣の工作体験がイッパイになっちゃたら仕方なく私達の方へもお子さん達が集まり始めましたよ。
手回し発電機を回して発電した電力で風車を回す実験とかも用意しましたので、お子さん達も少しだけ楽しいようです。
温暖化01  カエルさん
地球温暖化の説明や二酸化炭素排出量の国別比較、家庭における電力消費量の多い電気器具の比較等、チョット難しいお話ばかりでゴメンナサイ。
廊下の通路にはカエルさんも歩いていましたよ。
まあ、私にとっては楽しい環境ボランティア活動でしたから、これで充分です。
このブログの趣旨は病人である私自身が、ユーミンや弦楽四重奏曲を聴きながら自家焙煎珈琲を飲むと云う設定なのですが、もう一つ、私が環境カウンセラーとして環境省に提出する報告書のため、これらブログやSNSを通じ環境保全活動について広く理解を求めると云う項があります。
今日も、一昨日投稿した「リサイクル」にまつわる駄文にも読者の皆様から、コメントをいただきありがとうございました。
明日、山梨県甲府市にある『山梨県ボランティア・NPOセンター』と云う場所で、『こどもの広場』と云う催事があり、私が所属する『やまなし環境カウンセラー協会』も出展します。
この催事、県警他色々な団体が出展するイベントで、来場されたお子さん達に昔ながらの遊びを伝承したり、バザー、飲食、工作、ユニバーサルデザイン的な遊び、果ては白バイの展示なんて???事も有るんですよ。
私達は何をするかと云うと、全国地球温暖化防止活動推進センターからお借りした環境教材を用い来場された子供さん達に環境保全にかんする動機づけを行おうと云った趣向で、以下がその内容です。
1、A01-02 敏感な私たち
2、A02-01 持てるかな?  エネルギーのカバン
3、A03-04 エコネタを見つけよう
4、A03-05 我が家の節電  エアコン編
5、A03-06 我が家の節電  図表セット
6、A11-01 学校で自然エネ
7、A15-01 なんでもマイレージ
このような事をやるとか・・・・・。
唯、お子さん達が喜んでくれるかどうかがチョット?????なんですが(笑)。

そしてもう一つ、山梨県が推奨するレインボーアクションと云う7つの環境保全活動を紹介しておきます。
やまなしエコライフ県民運動では、次の7つの運動(レインボーアクション)を推進しています。
それぞれのライフスタイルにあわせて、実施できるエコ活動からはじめてみましょう。

1マイバッグ運動
レジ袋など使い捨ての買い物袋を削減するために、買い物袋や買い物かご等(マイバッグ)を持参する運動

2マイはし運動
割りばしなどの使い捨て用品を削減するために、外出時にはし(マイはし)を携帯するとともに、リユースはし(繰り返し使えるはし)を使用する飲食店を積極的に利用する運動

3マイボトル運動
ペットボトルや紙コップなどの飲料容器を削減するために、外出時に水筒や飲料ボトル等を携帯する運動

4リユースびん運動
環境負荷の少ないリユースびんの利用を推進するために、一升びんやビールびんなど繰り返し使えるリユースびん入りの商品を優先的に購入し、空きびんを返却する運動

5エコドライブ運動
自動車から排出される二酸化炭素を削減するため、環境にやさしい運転方法であるエコドライブを実践する運動

6緑のカーテン運動
夏場の冷房時等に排出される二酸化炭素を削減するため、アサガオやゴーヤなどのつる性植物を窓辺や壁面にカーテン状に育成する運動

7環境家計簿運動
家庭で消費されるエネルギーを把握し、排出される二酸化炭素を削減するために、環境家計簿を記録する運動
★上記7つの項目の中で、一番浸透したのはマイバック運動、皆さん5円のレジ袋を惜しみました(笑)。
 あと、緑のカーテン運動もマアマアでしょうか、私の勤務先さえゴーヤを植えましたよ。
 ご近所からゴーヤを戴く事が増えましたね。
その他はダメでしょうねぇ。
私が法定速度を守って運転していると、皆さんぶーぶー仰いますよ(笑)。
環境保護の会議にお茶代わりのペットボトル入り飲料が供される程ですし・・・。
酒販店にも缶ビールは売っていても、瓶入りビールは極少数あるだけ。
本来割箸を使う事自体、森林保護に役立つはずなのですが・・・・・・??。
環境家計簿、募集しても中々・・・・ねぇ。

さて、明日も頑張りましょう。
今朝は来週のお薦め珈琲として、コロンビア・ウィラ・サン・アウグスティン・スプレモを焙煎しました。
今朝のコロンビア・ウィラ・サン・アウグスティン・スプレモ生豆 コロンビア・ウィラ・サン・アウグスティン・スプレモミディアム
左側が生の豆、右側がミディアム・ローストに焙煎後の状態です。
いつものようにジェネカフェを使い235℃15分42秒で冷却モードに切り替えました。
今日のBGMは、弦楽四重奏曲のCDを3枚ほど選択。
今日の弦楽四重奏曲
デンマークの作曲家ニールセンの弦楽四重奏曲全4曲をオスロSQによる演奏。
そして、ボロディンの2曲ある弦楽四重奏曲をブダペスト・ハイドンSQによる演奏です。
ボロディンは超有名なフレーズを持つ曲ですよね。
弦楽四重奏だけじゃなく色々編曲されてCMを始め様々な処で使われています。
ニールセンの4曲は、ボロディンほどじゃありませんが、一応彼の代表作と云われています。
まあ、一般には交響曲「不滅」のほうが、室内楽に比べ有名ですが、哀愁と云うか郷愁が漂う良い曲です。
ケーブルが外れた??
そして、こちらの画像、先日雨樋修理の際の足場撤収の折発見した外壁の傷です。
ケーブルを外壁に固定していたサドルが取れてしまったようです。
早速工事会社を通じ、NTTやケーブルテレビ会社に調査を依頼した処、ケーブルテレビの配線だと云う事で、今夕修理していただきました。
ケーブルテレビの修理担当の方の説明では、拙宅付近八ヶ岳颪の風力が半端じゃなく強いため、外壁への取付け部が取れてしまったのではないか???だそうです。
又外れたら直すそうですが・・・・・・??。
それだけ八ヶ岳颪の北西風は、凄いのですよ。
嫁は最近洗濯に液体洗剤を使っています。
昔は固い容器に入って売られていた液体洗剤も、時流でしょうねぇ、フニャフニャのビニール袋に入ったエコを意識した詰め替え用の物が多く出回っています。
洗剤メーカーもゴミを減らして環境負荷を軽減しようと云った姿勢を見せないと消費者からダメ出しを食らっちゃう事もおおいんでしょうね。
でもね、私のように不器用な人間にとっては、ふにゃふにゃの薄い容器に入った液体を詰め替え容器に移すのは、結構難しい作業なんですよ。
しょっちゅう容器をひっくり返したり、入れすぎて内容液が溢れたりするんですよ。
話は替わりますが、ペットボトル詰め飲料等の食品をペットボトルに詰めて販売し、消費者に重くて割れやすいガラス容器を運んだり詰め替えたり、販売店に返却する手間を省いたのは、某食品メーカーが先鞭を付けたとのことです。
本来その容器は、使い終わったらゴミとして燃やしてしまう事を前提に開発されたもの。
今やガラス瓶入の乳製品なんて、銭湯あたりでしかお目にかかれ無くなってますけど、昔は牛乳等の飲料は毎朝牛乳配達の皆さんが各家庭に配達されていましたよね。
これもいつの間にか、三角形の紙容器や各サイズの紙を原料とした牛乳パックに代わってしまいました。
重くて、割れやすくて、その上回収して二倍の運送コストが掛かるガラス容器から、飲み終えたらゴミとして捨てて燃やしてしまう事ができるワンウエイの紙容器へとね。
このように長い間、リユース瓶を使っていた食品業界は、リユースを止め使い捨てのペットボトルや紙容器を導入して輸送コストを大幅に削減することができました。
燃やすのは勿体無いと云う思想がいつの間にか広がり、ペットボトルや紙パックのリサイクル活動なんて事が始まりましたね。
一見リサイクルと云うと凄く環境負荷が小さいと思われがちなんですが、そのために大きなエネルギーや労力が必要となり、コストも掛かる事になります。
一番良いのは、あくまでもゴミとして燃やして熱だけ回収する、サーマルリサイクルと云う方法が一番環境に良いと思う私ですが、そんな事を声高に言おうものなら環境保全関係の仲間達に袋叩きに遭いそうですね。
そして最悪のリサイクル詐欺として悪名高いのが、例のペットボトルキャップのリサイクル運動。
何百個ものペットボトルキャップを集め、それでワクチン一本と交換云々・・・・。
そんなにワクチン寄付したけりゃ、ペットボトル飲料を飲まないでそれをそのまま寄付すれば良いわけですが・・・・。
話を元に戻して、例の詰替え用洗剤の事ですが、きっと、いつか、どこぞの誰かがリサイクルしましょう??なんて言いかねませんよ。
そんな事絶対環境に良くないんだからね。
 天気予報は、大雪着雪注意報でしたが、何とか小雨で収まり15:00過ぎには太陽が顔を覗かせました。
先ずは一安心です。
以前の私なら雪が降るのが待ち遠しく思っていましたが、還暦が近づくにつれそんな思いも失せてきたようです。
夕日が差し込み部屋も温めますが、明日は今回の低気圧が北東に上るに従い八ヶ岳颪が再びやってくるのが予想できます。
昨日も投稿したように、降水量が増えるのは当地に春が近づいてきた証拠ですね。
甲州市塩山の福生里の里に、そろそろザゼンソウが咲く頃、観察路が整備されたと云う話もありますから、今年は観に行こうかとおもっています。
さて、今週のお薦めコーヒーですが私が心より愛してやまないモカ・イルガチェフを用意しました。
ジェネカフェに生豆を200g入れて235℃で15分42秒で冷却行程に移りました。
今週はモカ・イルガチェフ 
この状態でだいたいミディアムローストになると思います。
多くの方は珈琲の酸味を好まれませんが、私は大好き!。
したがって多くの場合精々深煎りでもシティロースト程度まで、コクや苦味より酸味と香りそしてカフェインを重視(笑)した焙煎をしようと心がけています。
もちろん、店主兼、常連客が私、ウエイトレスは老猫のミーと云う仮想自家焙煎喫茶店ですから、誰も文句を言わないわけです。
さあ、今夜のBGMは、Youtubeからシマノフスキーのピアノ曲なんていかがでしょうか。

バイオリン協奏曲や弦楽四重奏曲は、良く聴きますが、ピアノ曲を知ったのはごく最近の事。
多くの作品があり、最近嵌っています。
20世紀初頭に活躍したポーランドの作曲家。
ショパンを彷彿させるようなイメージもありますが、時代が下るだけ、より洗練されている気がします。

今夜もカレー

嫁がママさんバレーの練習に出かけるので、私にカレーを作るようにと云った指示が下りましたよ。
具材は嫁が刻んだので、私は材料を炒めたり煮込んだりするだけですが・・・・・・。
市販のカレールーを使いますが、その他もろもろと云う材料を使います。
今夜はカレー  チキンカレー
厚手の鍋を使い玉葱を筆頭に野菜や二種類の鶏肉を充分に炒め、水と白ワイン、コンソメ、ブーケ・ガルニを加え煮込みます。
鍋の横にあるワインボトルが今夜の隠し味。
昨夜娘が呑んだ残りの白ワインを500ml、2008年収穫した甲州種をシュール・リー製法で仕込んだ辛口です。
充分煮込み市販のカレールーを割り入れ、更に弱火で長時間煮込んでからが勝負!。
ナツメッグ、タイム、セージ、パセリ、ガラムマサラ、最後に輪切り赤唐辛子を加えましたよ。
シュール・リー甲州の爽やかな酸味と香辛料の刺激が調和し、結構良い出来でした。
膝の上には猫のミー
家人は未だ誰も帰らず、私一人と猫のミーが膝の上。
今朝は雪が降りましたが、明日も雪といった予報です。
雪がしょっちゅう降るのは、山梨にも春が近づいた証拠ですね。
実質の雪害修復工事は金曜日一日で終了し、木曜日に足場据え付け工事、そして今日足場の撤収工事が行われ、何とか予定どおりの工期で終わりました。
夕方犬のカイをペットホテルから連れ戻し、彼は暖房完備のケージから拙宅のテラス付近に戻りました。
私もカイを帰宅させるため午後から休暇を取ってその準備、ちょうど嫁が孫達を少し預かって、いましたので連日孫と遊ぶ事ができましたよ。
ちびっこライダー達 ママはフリースタイル
孫達は、キックバイクと三輪車を駆って遊んでいます。
すると、彼らのママも旦那のフリースタイルバイクで参戦。
旦那は私の長男、シーガル・オリジナルのジュニア用BMXからMTBまでステップアップさせましたが、バイクから4輪が好きになると云ったお決まりのコース。
それでも孫達に与えたキックバイクや幼児用BMXに触発され、フリースタイルバイクを購入したようです。
もちろんBMXプロショップのシーガルが絡んでいるわけですが・・・・・・。
犬のカイ、寒さよりケージから出て鎖で繋がれつつも多少跳ね回る事が出来る環境、思ったより文句を言わない(吠えない)ようです。
明日も南岸低気圧がやって来て雪になる予報が出ています。
工事期間中、八ヶ岳颪は強かったけど、無事雨や雪に遭わず工事が終わりメデタシメデタシ。

三輪車デビュー

孫達に三輪車を用意しました。
一緒前の自転車乗りを養成しようとキックバイクとBMXは先に使わせましたが、ペダルを漕ぐと云った概念がないためチョット停滞中。
そこで今更ながら三輪車に乗らせてペダルを漕ぐための能力を高めようと、私と嫁とが画策しました。
三輪車横  三輪車上
こちらが某通販サイトから手に入れた三輪車です。
フレームもしっかりしていて、充分孫達の酷使に耐えそうですし、色もビビットでカッコイイんですよ。
私が子供の頃の大昔は、三輪車や乳母車を扱う乳『母車店』が存在し、それなりに商売をしていたのですが、今や自転車屋すら今や相当数減っているわけで、乳母車屋が営業できる環境ではありません。
結局玩具屋や乳幼児向け量販店等で見繕うわけですが、私の思考に合う製品がありません。
結局某通販サイトをググると色々有りまして、この三輪車を選択した次第。
三輪車デビュー
各サムネイル画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
ちょうど午後から孫達がやってきたので、弟の孫が早速三輪車デビューをしましたよ。
韮崎アメダスの最低気温は-4℃でも、最高気温は11.2℃と結構高め、でも今日も天候はピーカンなのですが、八ヶ岳颪はピーカンな分だけ強く吹いておりまして、瞬間最大風速19メートルと体感気温をどんどん低下させてくれました。
早く暖かくなったら、三輪車や自転車で遊ぼうね。

寒いですね

今朝の韮崎アメダスデータ、最低気温は-7℃、最高気温7.6℃。
最高気温はマアマアですが八ヶ岳颪の風が強くて瞬間最大風速15.6メートルだったそうです。
 これじゃ体感気温は更に低く感じるわけで・・・・・・・・・。
今夕の韮崎アメダス  今日15:00の天気図
これが、今日の韮崎アメダスデータと天気図です。
八ヶ岳颪が強いのは、右の天気図が示すとおり、西高東低の典型的な冬型の気圧配置です。
オホーツク海の低気圧は982Hpa.、大陸の高気圧は1022Hpa.なので水銀柱で40ミリ程の気圧差があるんですから、風が強いわけです。
拙宅付近は関東山地と南アルプスの間、茅ヶ岳の麓の台地の上、八ヶ岳方面からまともに吹き付ける北西風である八ヶ岳颪の通り道にあたります。
それでも各気団の速度は時速30キロを超えていますから、天気の移り変わりははやそうですね。
もう少し頑張れば春になると・・・・・・・(泣)。
今朝は、来週用の珈琲豆を焙煎しましたよ。
先日煎豆屋さんに届けていただいたキリマンジャロ・キボー・AAを200g、235℃で16分、ミディアムロースト程度を狙います。
以前投稿したように私の珈琲好きは、あくまでカフェイン依存症のため??そして、苦味より酸味を重んじる事もあり、ミディアムロースト程度でカフェイン多め、酸味も強めと云った、皆様に嫌われるような珈琲が大好きなんですよ。
キリマンジャロ・キボー・AA生豆   キリマンジャロ・キボー・AA焙煎後
左側が生の豆、右側が焙煎後の豆です、サムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧ください。
キリマンジャロ・キボー・AAの焙煎  ジェネカフェの中
左側がキリマンジャロ・キボー・AAを焙煎中のジェネカフェの様子。
そして右側は、焙煎後チャフコレクターを外して中を分解した処。
前回チャフコレクターを分解して掃除したのは昨年の事、フィルターにも細かいチャフが珈琲豆の油でこびりついています。
マニュアルには焙煎5回毎にフィルターの掃除をするように指導されていますが、内部をばらさないと掃除できないので、中々難しい作業です。
台所用洗剤に浸し、詰まったフィルターを洗ったりした後、乾燥して再び組み立てますが、ビス止めなので結構面倒なんですよ。
取りあえず午前中に全て作業を終え、今は亡き峰純子さんの『チャイルド・イズ・ボーン』のレコードを聴いています。
チャイルド・イズ・ボーン
今も雨樋の工事中ですから、ボリュームを絞って聴いていますが、この方が味が有る・・・??なんてね。
特にA面トップのマイ・ファニー・バレンタインが流れ始めると・・・・ジョージ・ムラーツのウッドベースが良いんですよ。
ボーカルの峰純子、ピアノ:ウォルター・ノリス、ベース:ジョージ・ムラーツ、コルネット:サド・ジョーンズ、ドラムス:メル・ルイス、他なんて、凄いでしょ。
オトナのジャズボーカルって言っていいのかな??。
昨日犬のカイをペットクリニックへお泊り飼育に出し、昨年の今頃降った1.2mを越える当地としては100年振りと云う豪雪被害により痛んだ雨樋を修理すべく、今日から工事が始まりました。
拙宅の屋根まで一周足場が掛けられ少々不便ですが、約一週間弱の工程です。
今日から雨樋修理
クリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。
ご覧のように、雨樋の交換は二日程度らしいのですが、凄まじく立派な足場が掛かっています。
安全第一ですから、此のくらいでちょうど良いのかもしれません。
もちろん工事費用本体より、この足場工事の費用の方が遥かに高いのですが(泣)。
昼足場工事の最中聴いていたのは、ワルター指揮ニューヨークフィルによる、マーラーの2番復活。
ワルターの復活CD
画像は7枚組のワルターが振ったマーラーの交響曲が納められた内の二枚目、第二楽章から第五楽章までが収録、その他さすらう若人の歌も入っています。
第一楽章は一枚目の一番の後に収録されています。
CDラジカセで、音量を絞って聴いていたので、チョット寂しい思いですが、足場を組み立てられている職人さんも居るので音量を上げるわけにもゆかず、少々フラストレーションが高まります。
又いつか聴き直す事にしましょう。
これはCDですが、40年程昔、上京して秋葉の石丸電気で、米オデッセイの廉価版レコードを漁り、この2番と9番のどちらを買うか迷い、9番のレコードを買って帰った思い出があります。
当時例え廉価版と云えど、2枚組のレコードなんて、幾つも買える時代じゃありませんでした。
一年前、当地を襲った1.2mの大雪被害により、拙宅のテラスのフードのステーが片側だけ外れたり、雨樋の一部が変形したため、明日から足場を組んで工事が始まります。
修繕工事は、それ程大掛かりなものではありませんが、なにぶんにも高所作業のため、足場工事がその費用の殆どを占めています。
まあ、火災保険の適用により負担は無いのですが、犬のカイをペットホテルに預け、お泊り飼育して貰わねばなりません。
いつも彼がお世話になっているペットクリニックが、ペットホテルを営んでいるので、今夕預けてきましたよ。
帰りに嫁と夕食の買い出しにスーパーで食材を仕入れ、私が調理する???事になった次第。
餃子  チキンソテー
餃子と鶏肉を買い求め、焼餃子とチキンソテーのデミグラス、そして寒いので煮込みうどん。
アボガドサラダ
そして、嫁が創ったアボガドサラダ。
各サムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけますが、あまり美味しそうに見えませんねぇ。
写真技術の問題だと思います(笑)。
今夜のミー
犬のカイがペットホテルにお泊りしているので、猫のミーも寂しそうかな。
16日には足場が撤去されるので、再びにぎやかになる事でしょう。

今夜も寒い夜、明朝も寒そうです。
今夜はコロラツゥーラの名曲、ドラマののだめでも歌われていた、モーツアルトのオペラ魔笛から「夜の女王のアリア」、この歌好きです。
魔笛にはその他、パパゲーノのアリア「私は鳥刺し」も良く歌われますね。
そして序曲も有名ですよね。

それじゃ、夜の女王のアリア、Youtubeに録音の様子がアップされているので張っておきます。
まもなく23:00ですが、この時間表の気温は-2℃以下になっているでしょう。
今朝は-7℃程まで下がったようですが、明朝はそれ以下でしょうね。
今夜もオリオン座がきれいです。
特にベテルギウスがオレンジ色に輝き、リゲルも・・・・そしてシリウスの青白い光。
これだけはっきり恒星の色が分かるのは、空気が澄んでいる証拠、しかも風が弱いようですから、明朝の放射冷却も強まる事が予想できそうです。












先月中旬から週2日勤務をしております。
以前投稿したようにOA機器の管理から、外注業者との折衝、補助金申請、トイレ掃除の管理までと云った庶務二課的雑務は後任達に割り振りましたが、主たる業務であるISO9001事務局関係の作業については未だ後任が見つからず、3月末の退職後も????在宅ワークが続くとの話。
在宅ワークなんて云うと聞こえは良いのですが、パソコン一丁と専用回線があればフリーターとして安く扱き使える???(笑)。
有給休暇の消化を前提に仕事をしておりますが、去年の内に休む予定でしたが、前記の如く後任が見つからず、未だ先が見えぬ状況が続いております。
昨日の雪による道路状況が心配だと休んだらどうだと言う、家人達の言葉を遮りAZオフロードの雪まみれのフロントウインドーを観た途端、出勤すると宣言した後悔が顔をもたげますが、一応オトナ。
何とか前が見えるように雪を払い、出掛他までは良かったのですが、途中で事故渋滞となり・・・・。
まあ、それも何とかクリアーして勤務先に近づくにつれ雪が多く残っているのですよ。
再度、無理に出勤すると宣言した後悔が首をもたげます。
幸い道路には雪も殆ど無く、我AZオフロードの性能を発揮する事ができず残念。
通勤距離は国土地理院の1/50,000地形図の端から端と云った距離。
それだけでこれ程雪の降り方に違いが有るとはと、改めて感じ入った次第。
まあ、何とか始業には充分間に合いましたが、チョットお疲れモードの朝でした。
今夜のBGM、エリーヌ・グリモーさん独奏によるコレルリの主題による変奏曲 作品42
エリーヌ・グリモー
このグリモーさんのジャケ絵に憧れつつも購入する予算が無かったことは以前投稿しましたね。
某通販サイトで、エラート時代の音源をセットにして安く売っていましたので購入した次第は依然投稿したとおり。
そしたら、CD一枚毎昔のジャケ絵が描かれていて、とても嬉しいのですよ。
CD一枚聴く元気は無いので、最後に収録されたこの一曲だけ。
ボリュームを落として聴くバリエーション・・・・・・。
昨日から脳裏に浮かぶシューベルトの8番ロ短調未完成Ⅾ.759第一楽章の第二主題。
シューベルトがウイーンで活躍していた頃、花売りのおばさん達が歌った歌のメロディーと云われているそうな。
昔、暗くて重そうな第一主題から一変して現れる、この第二主題に安堵したものでした。
そしてこのメロディーは、ベートーベンの8番の第一楽章の主題同様、私のご機嫌によって現れる鼻歌(笑)のレパートリーとなっています。
未完成
今聴いているブルーノ・ワルター指揮ニューヨークフィルのレコード1958年頃の録音だそうです。
CBSオディッセイの廉価版ですが、良く有るカップリング同様ベートーベンの5番と一緒なんですが、普通B面が未完成って事が多いのにA面が未完成なんですよ。
サムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけますから、よろしければご確認ください。
時々気になるのが

続きを読む »

喫茶気まぐれは、仮想自家焙煎喫茶店。
今朝もコロンビア・サンアウグスティン・スプレモを焙煎しました。
コロンビア・サンアウグスティン・スプレモの生豆  コロンビアサンアウグスティン・スプレモ焙煎後
左が生豆、右が焙煎後の珈琲豆の様子です。
サムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。 
生豆の状態で200g下のジェネカフェに入れて焙煎。
135℃16分44秒でハイロースト程度に仕上げました。
コロンビア・サンアウグスティン・スプレモの焙煎  メンゲルベルクのフランク
左の画像はコロンビア・サンアウグスティン・スプレモを焙煎したときの焙煎機ジェネカフェの状態。
そして右側が、今聴いているフランクの交響曲ニ短調作品48、メンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏。
1940年の録音だそうですが、マスタリングが良いのか、あまり古さを感じさせない明瞭なモノラル録音です。

光ギガ????

この処「H◯B◯t」と名乗るNTTの代理店風の会社から『光ギガ』の回線に乗り換えないか??と云う勧誘が、しつこいのです。
電話じゃラチが開かないから、書面で内容を送るように言っても、それはないらしく、NTTのサイトを見れば良いのか??と聞くと、『H◯B◯t』のサイトを見てくれと云った調子。
そのサイトを見てもよく判りませんし、余り評判も????らしい。
現在接続しているプロバイダーに聞いてみても、はっきりしない返事、どうもNTTの代理店じゃ無さそうで「光ギカ」のプロバイダーのようなんですね。
料金がプロバイダー料金込みで1,000円ほど安くなるとの触れ込みですが、初めだけじゃないかと思うのですね。
機器もそのまま使えると云うのもねぇ。
何の工事もせず、唯電話で申し込みをするだけと云うのも怪しいわけです。
一応契約ならきちんと契約書を交わさないと信じられないのは、仕事上と同じ。
ギガと云っても本当に1ギガの速度が出るわけじゃないようですし、現在拙宅では通常の光ネクスト回線ですが、youtubeも全く不都合なく閲覧できますし、回線速度も100M近く出ているようですから、無理に乗り換える事も無いでしょう。
私はアナログ人間???ですから、きちんとした説明が無いとダメなんですよ。
おまけにISO事務局なんてヤクザな仕事をやってますから、マニュアルに確り手順や明細が記載されていないと安心できません。
きっと、これは職業病ですね。
南岸低気圧が現在太平洋側の海上を通過中だそうです。
今朝明け方から降っていた雪も予想より弱いうえ、小雨になったり止んだりと、先週の凍てついた雪が融ける程。
明朝まで雪模様だそうですが、それ程心配しなくても大丈夫???。
唯路面が凍る事もあるでしょうから、充分注意して行動しなければなりません。
立春が過ぎ、毎週南岸低気圧が通るようになるのは、春が近づいている証拠にほかなりません。
あと十日もすると、県内東部の甲州市塩山福生里の里では、雪から顔を出すザゼンソウの茶色い仏炎苞(ぶつえんぼう)状の花が顔を出します。
水芭蕉の仲間サトイモ科に属す植物ですが、この仲間の花は見た目の可憐さとは裏腹に臭いのですよ(笑)。
ザゼンソウ01 
これは2010年に撮影した塩山市福生里のザゼンソウですが、前述のように今年も、もう直ぐ咲き始めるころでしょう。
そして、この天気図は気象庁からお借りした直近のもの、画像全てクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。
今夕発表された天気概況は、以下の通りだそうです。

平成27年2月5日16時55分 甲府地方気象台発表
山梨県では、5日夜遅くまで大雪や電線等への着雪に注意してください。
伊豆諸島の東海上に低気圧があって東北東に進んでいます。
山梨県は、おおむね曇りで雪や雨の降っている所があります。
5日は、寒気を伴った気圧の谷の影響で、雲が広がりやすく、夜は雪や雨が降るでしょう。
6日は、次第に冬型の気圧配置となり晴れますが、低気圧や上空の寒気の影響で、東部・富士五湖では、未明まで雪の降る所があるでしょう。

これによると一応明朝まで雪に対する備えが必要だそうですね。
今日は一番好きなモカ・イルガチェフの焙煎をしましたよ。
焙煎機のジェネカフェに豆を200g入れて235℃で、20分に設定。
煎豆の色と排気の匂いを確認しながら16分54秒で冷却に入り、ハイ・ロースト程度でしょうか。
モカ・イルガチェフ焙煎豆
この豆の特徴である豆の真ん中に白いすじ状のチャフが残っています。
朝いちばんに何時もお世話になっている、甲府市の煎豆屋さんにキリマンジャロ・キボー・AAを1㎏オーダー。
夕方店のご主人が帰宅途中に届けていただきました。
キリマンジャロ・キボー・AA生豆
サムネイル画像をクリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます。
以前より珈琲摂取量を減らしているので、今年初めての生豆の購入でした。
大好きなモカ・イルガチェフ、明日はこの豆をドリップします。
ジェネカフェの焙煎ドラムの内側が黒く煤けてきたので、汚れを削り落としてみたりして、今日の自家焙煎珈琲店「喫茶気まぐれ」は店じまい。


時々投稿する話ですが、私は拡張型心筋症の治療薬として、大量の内服薬を投与されています。
心臓の動きを緩慢にするためαβ遮断薬のカロベジール、利尿剤のフロセミド錠、抗不整脈剤の塩酸アブリンジン、そして抗血栓薬のワーファリン、その他痛み止めのアセトアミノフェン系その他、そして降圧剤のディオバンです。
そう、ディオバンと云うとあのノバルティスファーマ社さんの問題となった医薬品ですよね。
そのノバルティスファーマ社さん、今度は抗がん剤の副作用を国への報告を怠ったとかで、去年7月業務改善命令を受けたそうですが、社内調査等であまりにもその件数が多すぎるとかで、今度は医薬品医療機器法に基づいて業務停止処分の措置が行われるとの事。
その期間は15日で、その間すべての医薬品の販売ができなくなるそうです。
ノバルティスファーマ社業務停止処分??
でもねぇ、他の食品なんかと違い、医薬品の場合、特に私達のように大量しかも多くの医薬品をバランスを取って投与されているような患者では、別の薬に変えたとしても、色々な薬のバランスが作用して、効きすぎたり全く効かなくなっちゃうなんて事が多いのですよ。
現に変形性膝関節症の痛み止めとして処方されているアセトアミノフェン系の後発医薬品カロナールを大量に服用している関係で、全く関係ないだろうと思われていたワーファリンの効き目を示すPT-INR値が上がり過ぎ、昨年人間ドックの胃カメラ検査ができないなんて事態に遭遇した事がありました。
主治医すら知らなかったアセトアミノフェンとワーファリンの相乗作用によるもの、ディオバンが他の薬と置換された場合、何が起こるか判りませんし、現在安定した病状の私ですが、全く別の症状を呈するやもしれません。
そうそう、猫のミーもノバルティスファーマ社系のペット医薬部門の慢性じん不全の薬を処方されていましたねぇ。
飼い主の私と猫のミー、一緒に困っております。
先週土曜日、拡張型心筋症の診療で定期通院した事を投稿しましたが、その際クリニックの受付で特定医療費(指定難病)自己負担上限額管理票と云う用紙が、特定疾患医療受給者証と一緒に送られていませんでしたか??と尋ねられました。
色々一緒に送られて来たようでしたが、保険証同様に大事な毎年同様に特定疾患医療受給者証だけを持参した次第。
どうもその用紙に金額を記載しなくてはならないそうなんですね。
新しい制度になって判らないことだらけ、全て某総理大臣閣下が決めた事らしいのです。
某総理大臣閣下もご自分が難病に罹患されているそうで、私達の苦しみを理解されているらしいのですが、更に指定難病を増やして、その患者さん達にも手を差し伸べる事になさったとの事。
しかし、元々の限られた予算が有るわけで、新たに指定難病が増える事により、対象となる患者さんも増えるワケで・・・・。
おかげで昔からの難病患者は、自己負担額が約二倍、しかも今まで無料だった医薬品にも自己負担額の割合が設定されたため、医療費が大幅に増加してしまいました。
しかも手続きが煩雑になって・・・・・・??。
特定医療費(指定難病)自己負担上限額管理票  特定医療費(指定難病)自己負担上限額管理票記入
こちらが、新たに導入された『特定医療費(指定難病)自己負担上限額管理票』と云う書類です。
サムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。
毎月これを医療機関の窓口に提出して、掛かった医療費を記載して貰わなくてはなりません。
左側の書式は記入前、右側が先日土曜日の医療費等が記載されています。
診療当日この書類を持参できませんでしたが、拙宅を探した処見つかったので、今日嫁に届けてもらったわけです。
右側の記載済み書類をご覧いただくと解りますが、金額他特に院外薬局の処ですが、訂正印だらけですよね。
しかも、先ほど院外薬局から連絡が入り、次回の投薬の際、訂正するヶ所があるそうで・・・・・(笑)。
このように新しい制度、プロたる医療機関が良く解らないんですから、素人たる患者自身良く判るわけありませんよ。

ママチャリ復活

下肢膝関節の痛みのため脚力が衰え、MTBを乗りこなす事ができなくなりました。
そこで、ご近所を移動するだけでも使おうと、嫁が一時使い、それ以後10年以上野ざらしとなっていたママチャリを復活させようと、考えました。
一昨日ガラクタの中から苦労して引っ張り出し、昨日点検修理を行ったのですが、前輪タイヤがぺちゃんこのまま、接地していたため、同タイヤとリムテープが痛んで使い物になりません。
昨日、そして今日とタイヤやリムテープを購入し、何とか乗れる状態まで復活。
ブレーキ調整等、ナットが錆びついて固く、無理せずにそのまま使用する事にしましたよ。
ボトムブランケットや前後ハブも調整やグリスアップせずに大丈夫そうで、そのまま使えます。
ヘッドスパナ、デュラエースの三点工具セット、スプロケ回し、クランク外しまで、一応道具は揃っていますが、専門工具の出番はなさそうです。
それでもホイルを取り付ける際、ハブの玉押しが動いてしまったので、ハブスパナで玉押しナットを固定してハブナットを締めつけた程度でした。
虫ゴムも交換しましたから、暫くはこのままつかえそうです。
ママチャリ修理  修理完了
サムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。
自転車も手入れを怠らなければ、長く使えます。
ただし、フロントバスケットには、杖君1号が御伴しないとママチャリから降りた後、大変ですねぇ。
ホームセンターの安物ママチャリですが、一応老舗のマルキン製、もちろん某国で作られたものですが、設計自体には堺の鉄砲鍛冶の伝統が受け継がれている筈。
自転車を実用的に考えた場合やっぱりママチャリ、は最強です(笑)。

Powered by FC2 Blog