fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今日は、昨日の反省からシューマン作曲に寄る弦楽四重奏曲だけを、全曲何回か聴いてみました。
ハーゲン弦楽四重奏団による演奏ですが、グラムフォンから単売されているようなので、ジャケットデザインを某通販サイトからお借りして貼っておきます。
もちろん私が所有するセット物は、全て白を基調とした情けないデザインなんですが(笑)。
SQ一番  SQ3/4番 
シューマンの作品では、やはりピアノが入った他のの室内楽曲に比べ出回っている音源は少ないようですね。
特に1番イ短調作品41-1は何度も聴き返したわけでしょうが、こう云った劇的??な構成を持つ曲は、とても好みに合うのですよ。
特に第1楽章は、主題が静かに物憂げに始まり、一転して第二主題だろうか明るく快活に語りフーガを思わせる音の重なりも・・・・。
決して飽きる事がないように職人たるシューマンの手管が冴えわたる??と表現すれば良いのでしょうか。
第2楽章は、短いのですが一度で覚えそうな動悸が繰り返され、これを基に何度も繰り返されとても印象的。
第3楽章は牧歌的な主題が奏された後、聴き手を安堵させるよう更に静かに時が流れるかのように・・・・。
そして、第4楽章に再び山場が訪れ、劇的な序奏から一気に畳みかけるテーマが繰り返される。
以上あくまでも素人の私が感じたままを綴っただけの印象なので、的外れな事も多いと思いますが、やはりこの曲、何度も聴いてみないと勿体ないようです。
Youtubeにも昨日貼った演奏の他は余り見当たりませんでした。
シューマンと云うとやはりピアノが入っていないと、軽く思われる・・・??訳じゃないのでしょうが、ググってみても弦楽四重奏曲を扱っている処は少ないですね。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog