fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


413H499J

久しぶりに二男が引っ張り出したのは、 米国某社製413H499J 。
白ガスを燃料とする俗にツー・バーナーと呼ばれる屋外活動用二口コンロ。
これを購入したのは、今を去る30年近く前の事。
幼い子供達を伴い、BMX大会等屋外での炊事の際使用したもの。
現在は二男がサバイバルゲームの際、ミリタリーレーションを行うため(グルメのイタリア軍(笑)??)、彼に所有が移っておりますが、時折使用方法やメンテナンスに関する助言が必要に成る事もあります。
なんせ、二男の歳と同じくらい使い込んでおりますが、未だ全く問題無く使えております。
燃料タンク内をポンピングに寄り加圧し、生ガスを少し出して点火後、温度上昇に伴いガソリンの気化が促進し、完全燃焼に移行すると云った、少々使いづらいものですが、ガスカートリッジを用いる製品に比べ極寒の地でも使用可能な点が評価されます。
先の震災の際も利用されたと云う事を伝聞ですが聴いております。
これは甲府のエルクと云うアウトドアショップで昔購入したものですが、昨今では通販でも安く手に入ります。
購入を決めた際、購入した現品を使って店長自らが、使用法と注意点を実際に火気を用いて手取り足取り教えてくれましたが、その際『これは当りのツーバーナーだ』と小声で言っていました。
この手の製品は、当時からおおらかと云うか結構当り外れがあったそうで、たまたま良い製品に当ったようです。
インターネットにも使用法の動画が多く存在しますが、使用法を誤ると、壊れると云った問題では済まず、何分にも火気を扱う道具ゆえ、大きな危険性を伴います。
初心者の方は、経験を積んだ方に着いて使用法を学ばれる事を推奨いたします。
413H499J.jpg  二男が孫と遊びました
左側が燃焼テスト中の413H499J 、右側は二男と孫達(彼の甥達)が遊んでいる処。
孫達は、二男が体を張って遊んでくれるので、とてもご機嫌。
お昼寝も忘れて大騒ぎでした。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog