fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


以前も投稿しましたが、私の通勤途中のルート上、今までも多くの営業目的太陽光発電所がありましたが、通勤が週1日になったためか、更に何か所も急に増加したように思います。
今まで果樹園だった畑が、平地になったと思うと突然多くの太陽光発電パネルが並んでいた。なんて事が度々見るようになりました。
工場用地や住宅用地に立ち並ぶパネルもあります。
これも補助金と固定買取価格制度があるおかげですね。
つまり、本来これらの施策が無いと、太陽光発電は商業的に成り立たない事になります。
これじゃエコじゃありませんね。
税金や電気料金からのバックマージンがあるわけですから、その分を割り引いて考えなければなりません。
太陽からのエネルギーを、わざわざ非効率な電力に変換しようとするから無理があります。
陽射しが強い夏季はパネルの温度が上昇して、発電効率が下がる・・・・なんて矛盾もあります。
一番マトモな太陽エネルギーの利用は、やっぱり熱源としての利用です。
ソーラークッカー  ソーラークッカーの威力
上の画像はソーラークッカーと云う太陽光を利用する調理器具で、ご覧のようにフライパンで、ウインナーソーセージを焼いたり、薬缶で湯を沸かしたりする事ぐらい簡単にできます。
まあ、必須の補助調理器具としてサングラスが絶対欠かせないのが御愛嬌なんですが(笑)。
環境カウンセラーの仲間で、食事やお茶時に使う一日分のお湯を全て朝このソーラークッカーで沸かし、ポットに蓄えて使う方も居るくらい、重宝しているそうです。
我が家でも、20年前現在の住まいに建て替える前は、太陽光温水器を使って風呂に使っていました。
現在は屋根の構造上重い物を載せる事ができないため、使っておりませんが、当時200リットルのお湯を夏季なら60℃程に加温する事ができ、追い炊きの必要どころか、冷まして入浴する程の優れた設備です。
価格も比較的安価ですから、燃料費が比較的安かった時代でもガス温水器なら充分太刀打ちできました。
当時は、冬季拙宅のような寒冷地では配管が凍結するため、水抜きが欠かせませんでしたが、昨今は地上に熱交換器を備え直接屋根上で水を太陽熱で加熱しなくても良い機構に成っているそうで、使いやすいとの事。
こちらで太陽熱を使った、段ボール製の簡易ソーラークッカーが販売されています。
教材用としてばかりでなく、災害時等非常時にも使えそうですね。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog