fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


モカイルガチェフ

当『喫茶 きまぐれ』は、店主兼常連客の私(MK)とウエイトレスを務める老猫のミーが運営する、ウエブ上で自家焙煎を建前とする仮装喫茶店であります。
私は酸味が効いた味と深い香りを楽しむべく、ミディアムローストからハイロースト程度の焙煎を心がけております。
そのため、一般的なお客様の口に合うかどうか判りかねます。
焙煎する豆は主に三種類で、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ、キリマンジェロ・キボー・AA、モカ・イルガチェフを使います。
豆を保管するスペースや経済的側面からストックは、最大でも1kgです。
これをジェネカフェと云う電動熱風式焙煎機で200gづつ焙煎して、メリタで一杯づつペーパードリップしているんですよ。
生豆は甲府市南口で自家焙煎珈琲豆を販売されている『煎豆屋』さんから、適価で生豆を分けていただいております。
今日も朝メールを入れて、拙宅の近所にお住いの社長さんが帰宅途中に届けていただきました。
今日購入したのはエチオピア産のモカ・イルガチェフを1kg。
この処毎回価格が上がっています。
輸入産品の高騰は、円安のためのようで、退職後のアルバイトと在宅ワークで生計を立てております我身には辛い処なんですよ。
特にモカ・イルガチェフは、焙煎中、豆を挽く際、そして最後にドリップする時、立ち上るモカフレーバーが素晴らしいんですよ。
そして、カップに口を付けた瞬間、生きてて良かったと大袈裟に感ずる程の爽やかな酸味とコクが味わえます。
そして、今夜のBGMは、もちろん、J・S・BACH作曲コーヒーカンタータBWV211でしょう。

Youtubeからお聴きください。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog