fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


太陽に憧れる

梅雨寒、そんな言葉がピッタリだった今日の雨。
予報どおり昼前から小雨が降り始め、蒸し暑いと思ったの最初だけ。
上着を羽織ろうかとも思いましたが、そのまま過ごした一週間ぶり出勤してのお仕事。
御無体な文書更新と、それに輪を掛ける辻褄合わせの手順書と作業標準にすっかり一日お疲れモード。
作業場はラボのデスクを一つ借りての狭い空間。
セキュリティーだけが、厳しいお仕着せの重いノートPCを自宅と仕事場で使いますが、移動する事自体を想像していなかったから始末が悪い。
ヤット帰宅し夕餉の後は、太陽が恋しくて????ハイドンの作品20を引っ張り出した次第。
弦楽四重奏曲作品20
チョット駄洒落っぽいですが、お気に入りはハイドン作曲弦楽四重奏曲第31番変ホ長調作品20の1。
1772年の作曲だとか、楽譜に太陽が描かれていた?とかで、太陽セットと呼ばれる弦楽四重奏曲集の第一曲目。
第一楽章の冒頭から、何処までも明るくて、おおらかな響き。
今夜聴いている演奏は、ウルブリヒ弦楽四重奏団1970年の録音によるレコード。
当時まだ東独と呼ばれていたドレスデン国立管弦楽団のメンバーによって構成された弦楽四重奏団。
これがハイドンの弦楽四重奏曲にのめり込む最初のレコードでした。
私には珍しく、再度CDでも同じ演奏を買い直した程の素晴らしい演奏。

Youtubeに同じ演奏が一部ですがアップされていますのでご紹介します。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog