fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ


今日も朝から珈琲豆の焙煎作業です。
タンザニアキボーAAを200g、いつものようにジェネカフェを235℃に設定し、二爆ぜ手前で冷ます事にしました。
17分30秒までジッと我慢して、冷却開始。
その後数秒で余熱のため、二爆ぜのクラック音が微かに聴こえましたが、予定どおりと云って良いでしょう。
気温も9:00頃18℃程でしたから、夏季に比べチャンバーの加温が遅いようです。
タンザニアキボーAA生   タンザニアキボーAAシティロースト
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
上記画像は焙煎前と焙煎後の状況を比較したもの、焙煎後は色がいわゆる珈琲色で、豆自体も膨らんだり、量が増えたようにみえますが、焙煎した事により豆自体が膨らみ、カメラのレンズに近づいてきたため。
これで数日、珈琲のある生活を送る事ができます。
さあ、なぜ私が自家焙煎なんて云う面倒臭い事を始めたかと云いますと、某生活〇同〇合の陰謀だったのです。
20年以上昔の事でしたが、生〇の共同購入に拙宅も参加しておりまして、色々な物(健康志向食品等)を購入していたわけです。
焙煎した珈琲豆も比較的安価でしたから、いつも購入し、楽しんでおりましたが、ある時、自分で生の珈琲豆を焙煎してみませんか?と云う触れ込みで、手焙煎用の手網とキリマンジャロの生豆がセットが安価でカタログに紹介されていました。
もちろん直ぐに購入して、暫く自家焙煎を行い始めたわけですが・・・・・・・。
数か月の間は、生豆の供給もカタログに載っていたので、それを利用していたのですが、ある時からバッタリ、生豆がカタログから消えてしまっておりました。
もちろん『道具だけ売りつけて後は知らんぷりかい!』と、生〇に文句を付けたのは云うまでもない事。
担当者曰く、私以外生豆を購入しないので以後販売しない云々・・・、オイオイ、そりゃあ酷過ぎるだろう。
以来、生〇を信用しなくなったのは勿論です。
まあ、環境関係で一緒に仕事をすることはありますが、絶対扱う商品を信用する事は以来ありません。
私の勤務先だろうと、お客様から、そんなクレームが入ったら、最悪でも代替え商品をご紹介しますからねぇ。
まあ、運が良い事に拙宅の筋向いにお住いなのが、自家焙煎珈琲豆を販売されている甲府市の『煎豆屋』さんのご主人だったことを思い出し、ご無理をお願いした処、快く以後適価で分けて頂いております。
煎豆屋麻袋
これは、一番最初サービスとして頂いた、ミンユチュアの珈琲麻袋です。
ちょうど生の珈琲豆が1㎏入る大きさです。
この中には、今日焙煎したタンザニアキボーが入っています。
珈琲の自家焙煎、普通の人は多分やりません。
ですから生〇のカタログからも削除されたんでしょうね。
でも、ネットをググると、同好の方も結構おられるようですよ。
手焙煎なら、費用も安いのでお勧めなんですが、ある問題がありましてね。
長くなったので、またいつか続きを投稿したいと思います。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog