fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


春のお姫様

春爛漫、当地の桜も競って満開となり、そろそろカタクリのお姫様達がお目覚めかと思うと、いてもたってもいられません。
しかし、カタクリを愛でに行くなどと申しますと、嫁の逆鱗に振れそう。
もちろん私の体を案じて??いるのでしょうが、毎年恒例の春の行事。
天候も晴れ間が見え始めた午後、二男と一緒に出掛けると云う事を条件にカタクリを愛でに行きました。
いつもと同じく観察場所は、先日アズマイチゲの観察を行った地域です。
目安にしている谷戸の上部に咲くヤマザクラも満開で、カタクリにも期待大。
最高気温も19℃近くまで上がり、この付近に韮崎アメダスの観測点もある筈。
但し、カタクリのお姫様達はお日様が照らさないと、固く花弁を閉じて私のようなスケベ親父に秘め処を晒してくれません。
谷戸の植物の特性として、殆ど半日陰状態の湿り気のある場所が好きなカタクリ。
陽があたるのは、僅かな時間、その間でないとこの植物特有の花弁が外側に開き上がる状態を見る事ができません。
春の日差しは気紛れで、カタクリのお姫様がお気に召すようにはまいりません。
スカートの中   春の妖精
これらカタクリのサムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
スプリングエフェメラル(春の妖精)の代表各のこの植物、他の旺盛な植物が繁茂する前に実を結ぶ処までこぎつけなければ、何のために苦労して早春から花を咲かせているのか判りませんからね。
このシーズンは、この位。
お姫様方、また来年。
その嫋やかな秘めたる御姿にお目に掛かりとう存じます。
そんな春の宵に相応しく、こんな曲はいかがでしょうか。
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲 : ピアノ三重奏曲第1番 ト長調 K. 496

Youtubeからクララピアノトリオの演奏を貼っておきます。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog