fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


桜がが散り、カタクリの花が終わる頃、谷戸ではイチリンソウが清楚に咲き始めます。
天変地異が多発するこの春、でも季節のシーケンスは確実に歯車を動かします。
昨日は、各地嵐のような荒れ模様の天候だったようです。
今日、午前中は気温が上がり風も穏やかでしたが、昼を過ぎると雲が湧き、風が強く吹き、雨も降りだすありさま。
勝負は午前中と、考えて一路イチリンソウ自生地を訪ねました。
ここはドライブスルーで植物観察ができる、絶好のポイント。
何と云っても主要地方道、つまり県道沿いと云うより道端にある秘密の花園です。
まさか、こんな処にイチリンソウが咲いているなんて、誰も思いませんし信じる筈もありません。
埼玉県他では、絶滅危惧植物に指定されているそうですが、山梨県ではそこまで指定はないようです。
しかし、勤務先近くに有った自生地は30年以上前に消滅していますし、その他県内では、夜叉神峠の登山道沿いに咲いていましたが現在確認しておりません。
ここは県立並びに国立公園地域なので、開発による消滅は考えにくいのですが、ハイカーの増加に伴う登山道の踏み荒らしが危惧されます。
遠出しなくても、或は重装備の登山支度もせずに道端にハザードを焚き、車を止め、観察できるなんて素晴らしい環境は、他には知りません。
イチリンソウ02   イチリンソウ01
これらサムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
これがイチリンソウの花、キンポウゲ科イチリンソウ属を代表する植物で、とても清楚で綺麗でしょ。
同じイチリンソウ属のアズマイチゲ同様学名にAnemoneと付くアネモネの仲間。
早春の谷戸に咲く、カタクリやアズマイチゲ同様、スプリングエフェメラル(春の妖精)ともいわれますね。
でもねぇ、こちらの妖精のお嬢さん、実は猛毒なんですよ。
芽生える頃、山菜としても珍重される同属のニリンソウと間違いやすく、しばしば食中毒の原因となっているそうですから、気を付けてくださいね。
つまり、あまりに奇麗だからと云って摘んだりした際、手に毒素が付いたりしますから、手を良く洗ってから食事等を採らないとタイヘンな目に遭いますよ。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog