fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


昨日も投稿したように季節のシーケンス歯車は、毎年同じ噛み合わせをつかさどっています。
いつの間にか、早春の輝きが頂点を過ぎ、初夏の兆しさえ見え始めています。
気が付くと里山に若葉が芽生え、数日前から拙宅の軒下に昨年同様ツバメさんのご夫妻が巣作りを始めています。
そんな今日、昨日メールで以来が有った手順書や作業標準、チェックリストなどを改訂して勤務先のサーバーに送ったり、プリントアウト後私の押印をラボの女性に代理してもらうようにメールしたりと、忙しい午前中。
昼前ほぼ仕事を終え、春本番を迎えたご近所里山の谷間に繰り出しました。
以前ならMTBのアバランチェを駆って山道の奥まで走ったのですが、今はとても無理。
AZオフロードを谷間の入り口にデポし、杖君1号を頼りに小道を上ります。
道端に咲いて目に付くのは、ミツバツチグリの黄色い花とコバノガマズミの白い小花。
ミツバツチグリ   コバノガマズミ
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
そしてフデリンドウとジュウニヒトエにも会えましたよ。
フデリンドウ   ジュウニヒトエ
谷間にはクヌギやコナラの実生も芽生え、雑木林の木々にも新緑が眩しい季節の到来です。
おやおや、もうヤマツツジも花を付け始めています。
緑萌える頃   もうヤマツツジ
木漏れ日は、林床の植物たちを柔らかく包み、虫達も大喜び。
長かった冬が去って、夏を待つ喜びにあふれた緑の里山。

そんな春を喜ぶように思える音楽を貼っておきますね。
ザグレブ弦楽四重奏団の演奏で、アマデウス・モーッアルト作曲、弦楽四重奏曲第17番変ロ長調K.458『狩』。
第一楽章Allegro vivace assai冒頭のメロディが狩人の角笛の音を表す??らしいですね。
ハイドンセットの中で一番有名な曲です。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog