fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


時々雨が降るけど、チョット蒸し気味な天候、だから半袖でも大丈夫。
一番下の孫を預かり、聴いているのはバルトークのバイオリン協奏曲第2番。
手持ちのCD、調べてみるとこの曲の初演盤がありました。
ウイリアム・メンゲルベルク指揮アムステルダムコンセルトヘボー管弦楽団、バイオリン独奏は、この曲の作曲を依頼したゾルターン・セーケイ。
1939年3月23日のライブ録音ですから、モノ―ラルですし音はそれなりです。
他にウイリアム・フルトベングラー指揮フィルハーモニア管弦楽団、バイオリン独奏ユーディ・メニューインと云った演奏、そして先日の1番とカップリングされているカレル・アンチェル指揮チェコフィル、バイオリン独奏アンドレ・ジェルトレルと云う処。
まあ、何れも古い演奏と録音ですねぇ。
メンゲルベルク
どうせ古いんだったら、と云うわけで初演の演奏になりました。
三人の孫とも男の子で元気いっぱいですが、この一番下の孫も元気に手足をバタバタさせて遊んでいます。
疲れて眠った処を撮影してみました。
孫の寝顔
彼らのママが産休明けで来月からお仕事復帰。
そのため彼が保育園に入れるまで、拙宅で面倒を見る事になっています。
Youtubeからバルトークのバイオリン協奏曲第2番を貼っておきます。

レナード・バーンスタイン指揮、ニューヨークフィル、バイオリン独奏は、アイザック・スターンの演奏です。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog