fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


現政権のテーゼと位置付けられているのは、一億総活躍社会だそうな。
特に女性の社会進出、つまり会社および官公庁勤めやに於いては、その管理職への門戸開放が主眼とされるとか。
以前も述べたように高卒でありましたが、様々な技術やノウハウを学び、朝早くから夜が更けるまで働き、退職後も扱き使われているわけですが、仕事は綺麗ごとじゃ片付きません。
そりゃ、8:30から17:00まで仕事をすればそれでオシマイなら苦労しない。
一応籍をいれ結婚した長女が今月結婚式を挙げるのですが、今後の仕事について悩んでいるようす。
県内でもブラック企業???(性別にかかわらず昇進のチャンスもあるが、その分離職率も高い)に名を連ねるような彼女の勤務先、勿論親譲りの頑固さゆえ、入社以来、一途に自分の使命と顧客満足の獲得に努めて来たようです。
結婚し、子供を授かった後もこのままの状態で仕事を続けていけるのか不安に成った様子。
古い考え方かもしれませんが、最大の女性の役目は、妊娠出産にあると思います。
あくまでも生き物として人を見た場合ですが、それが最も重要です。
ウイルスから私達人間まで、各々の種による世界制覇を夢見ているわけですが、その一番重要なファクターは、種の保存と繁栄に尽きると思います。
無性生殖ができる細菌類と異なり、私達人間をはじめとした脊椎動物や高等植物は雌雄の違いがあり、各々その生活を守る役目を担っているわけです。
女性が男性と同じように仕事をする場合、結婚・出産・育児が伴ってまいります。
いくら男性の育児参加と家事への配慮を促すと云うような綺麗ごとを連ねたりそれを云えど、現実はそれ程甘くありません。
乳児に母乳を飲ませる事は、男性では絶対無理です。
先ず、それを考えただけでも女性の社会進出が難しい事は明瞭。
幸い娘の勤務先には、仕事場に併設された託児所も完備されているようで、授乳もできない事は無いよう様です。
また、健常者と違い体や精神にハンディキャップをお持ちの方に活躍していただく社会を作るのも至難の業。
精神的に疾患を持たれる方や知的障害の皆さんに仕事をしていただくことも、可能な世の中になりました。
しかし、そんな皆さんを迎え入れる企業としては。それ相応の担当者を用意し、皆が仕事をしやすい環境を整えるのが重要になります。
最悪なケースとして、様々な障害を持たれる皆さんを迎え入れ、様々なケースを想定して仕事の配置他やその生活を支援する立場になった方御自身が、それらのプレッシャーに押し潰されてしまい、精神的に病んでしまった事例すらあるそうです。
親として、娘に頑張るように言うほかなかったのですが、綺麗事で片付く問題ではなさそうです。
スポンサーサイト



今日は土曜日おやすみ!!!!!。
一応週一日だけのリアルなお仕事でも、週日はがんじがらめのセキュリティーが掛かった親会社たる某超有名企業から押し付けられているノートPCで、バーチャルなお仕事を超薄給ぶんだけしています。
そのPCの蓋を閉じ、大手を振ってのおやすみ。
薄雲こそ広がっていますが、昨日に引き続き気持ちの良い空気感が漂う爽やかな午前。
遅く起きて朝餉の後、アンプに火をいれて掛けるレコードは、ブラームス。
ワルターのブラームス2番
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。

こんな朝、聴きたくなるのは、更に爽やかな気分に成れるそんな曲。
交響曲第2番ニ長調作品73、ブルーノ・ワルター指揮コロンビア響の録音。
1960年1月末の録音だそうですから、1962年2月にワルターが亡くなる2年前です。
でも、その包容力のある年齢を感じさせない演奏だと思います。
一番のお気に入りは、第1楽章中盤の弦楽合奏特にチェロパ―トによる主題が奏される処。
良くベートーベンの6番の交響曲に準えて、ブラームスの田園と良く云われますが、チョットねぇ。
お聴きになる方それぞれ一過言ございましょうが、私的には、この曲の方が遥かに爽やかな気分が漂っている気がします。

Youtubeにもワルターが有りましたが、全曲で良さげだったギュンター・ヴァント指揮、北ドイツ放送響の演奏を貼っておきます。

Powered by FC2 Blog