fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


朝は20℃を下回ってもやはり今日も真夏日です。
さすがに猛暑日は無いようですが、台風12号からなのか、昨日より湿度が高く暑く感じます。
そろそろ当地の田圃も稲刈シーズン、農家の皆さんコンバイン等を搬入するために畔の草取りを始めました。
と云う事は、急がないと楽しみにしているナンバンハコベも刈り取られてしまいます。
急遽自生している、各農業用溜池を繋ぐ用水路脇に出掛けました。
毎年この季節に咲いている不思議な植物。
学名:Cucubalus baccifer var. japonicas(ナデシコ科、マンテマ属)の蔓性多年草。
多年草なので、毎年草刈り隊に刈り取られても来年再び咲きますから、大丈夫。
ナンバンハコベ
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でごらんいただけますよ。
不思議な形の花なので、外来植物かと思われてナンバンハコベなんて名が付いたとも云われています。
しかし、japonicasと、学名末尾にあるように、れっきとした日本の固有種です。
結構珍しい部類の植物のようで、東京都、埼玉県、千葉県などでは、絶滅危惧植物に指定されています。
山梨県でも私が知る限り、この場所と韮崎市の一か所以外で見た記憶が有りません。
尤も今では、余り深く山野を彷徨う事もできず、殆どドライブスルー的な観察です(笑)。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog