fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今日の韮崎アメダス、最低気温は-3.4℃ながら昼過ぎには11℃を超える気温となりました。
少し風が強いですが、この季節としては穏やかな部類。
むしろ昨年12月30日に玄関に貼った賀正紙が、今日まで風で捲れ上がらなかった事が凄いので、本当に穏やかな正月三が日をおくっております。
実はこのブログ『喫茶きまぐれ』も間もなく10周年を迎えます。
拡張型心筋症を発症後、何か『未だ生きている証拠』として、その二年後から始めました。
第一回目が2007年1月8日からだって事、先程気が付いた次第です。
丁度12年前の今日か昨日、拙宅の前、凍った圧雪の上で転倒し、左胸を強打して息苦しさを覚えたのが始まりでした。
その後、就寝時横になって休む事もできず、座位で眠らねばならぬようになり、短い距離を移動するだけでも息切れが酷くなったうえ、膨満感とともに全身に浮腫みが起こるようになった処で、掛かり付けの内科医を受診しました。
すると、肺が真っ白になっていると云う事で、専門的治療のため甲府市の某総合病院を紹介され、緊急入院。
心不全を発症しているとの診断に寄り、すぐさまCCUに収容された次第。
その後、我父母臨終の際より更に凄まじいケーブルラビリンスに繋がれ、何とか危機を脱しました。
その後心臓カテーテル検査等により、拡張型心筋症が確定し、現在も治療が続いております。
取り敢えず、それから12年経ち、主治医の指示にしたがうとともにヤバそうな内服薬を大量に飲み続けてさえいれば、大丈夫らしい処まで辿り着きました。
先程まで、嫁いだ娘が婿殿と一緒に年始の挨拶に寄り、残っていたコロンビア・サンアウグスティン・スプレモをお茶代わりに供し、年初初の珈琲豆焙煎となりました。
ジェネカフェを用い、タンザニア・エーデルワイスを200g、240℃で20分間のタイマー設定。
12分過ぎ頃に一爆ぜが終わり、豆の色を確認しながら15分24秒でヒーターを切り冷却工程に移りました。
これでミディアムからハイロースト程度に仕上がっている筈。
今夕の珈琲は、お預けとなりますが明日にはタンザニア・エーデルワイスの爽やかな味と香りを楽しむ事ができる事でしょう。

12年前を思い起こしつつ、このブログの事を考えながら、昼頃何気なく口ずさんだベートーベンの交響曲第6番をyoutubeから、良さげな演奏で貼っておきます。
私も良く聴いているウイルヘルム・フルトベングラー指揮、ウイーンフィルの演奏だそうです。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog