プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


ここは、韮崎アメダス観測地点に近い氏神様の付近。
久しぶりに最低気温は、2.3℃とプラスの気温で、最高気温も17℃まで上ったようです。
陽が少し傾きかけた頃、当地に咲くスプリングエフェメラル(春の妖精)達を訪ねました。
春一番に花を付け、実を結び、他の旺盛な植物達が繁茂する前に役目を終え、消えて行く可憐な植物達。
まだ蕾は堅そうです    アズマイチゲが咲いています
夫々のサムネイル画像をクリックしていただくと、可憐な姿をご覧いただけます。
左カタクリは未だ蕾が固く、桜が咲く頃まで待たねばなりません。
右側のアズマイチゲですが、陽が陰ったので、花弁を閉じ始めてしまいました。
陽が当たると、再び花弁を開きますが、明日は雨の予報ですからダメですねぇ。
カタクリはユリの仲間、そしてアズマイチゲは、キンポウゲ科イチリンソウ属の植物。
イチリンソウ属の学名には、anemoneが付き、アネモネの仲間であることがわかります。
特にアズマイチゲは、東京都では絶滅、そして山梨県や千葉県、埼玉県他でも絶滅危惧植物に指定されているそうです。
ここは谷戸の奥なので、陽があたる時間はごくわずかな時間。
カタクリが咲く頃再び彼女達に会いに来たいと思います。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog